メインメニューを開く

光 喜三子(ひかり きみこ、1912年 - 1977年)は、日本の元女優である[1][2][3]。本名は大田 きみ(おおた - )[1][2]。戦前を代表する二枚目俳優高田稔の妻として知られる。

ひかり きみこ
光 喜三子
本名 大田 きみ(おおた - )
生年月日 1912年
没年月日 1977年
出生地 日本の旗 日本 千葉県木更津市
職業女優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1930年 - 1933年
配偶者 高田稔
主な作品
ザッツ・オーケー いゝのね誓ってね
新時代に生きる

目次

来歴・人物編集

1912年(明治45年/大正元年)、千葉県木更津市に生まれる[1][2][3]。青山女学校(現在の青山学院女子短期大学)で2年間英語を学んだのち、二代目市川猿之助に弟子入りする[1][2][3]

1930年(昭和5年)、松竹蒲田撮影所に入社[1][2][3]。光り輝く美貌から光喜三子という芸名が付けられ、同年9月島津保次郎監督映画『ザッツ・オーケー いゝのね誓ってね』のヒロインに抜擢されて映画デビューを果たし、その美貌を強烈に印象付けた[1][2][3]1931年(昭和6年)1月には早くも準幹部となる[1][3]。以後、五所平之助監督映画『女給哀史』や野村芳亭監督映画『燃ゆる花びら』などに準主役として出演していたが、後に共演した高田稔と恋愛し、撮影所を休みがちとなる[1][2][3]

同年8月、五所監督による日本初トーキー映画マダムと女房』で渡部篤演じる劇作家の妻という大役を得て出演していたが、撮影半ばで姿を見せなかったため、五所は急遽、田中絹代に依頼して代役を立ってもらい、撮り直しの末完成させた[1][3]。その後も光は蒲田撮影所に在籍していたが、1932年に退社[1][3]不二映画社を経て新興キネマに入社するが、1933年に高田と結婚し、芸能界を引退した[1][2][3]。ただし、日本映画データベースからは、不二映画社、新興キネマ両社の出演作品を確認する事が出来ない。

戦後、夫の高田稔は1977年12月27日に死去するが、光も同年に死去したとされている[3]。満64-65歳没。

出演作品編集

松竹蒲田撮影所編集

全て製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹」、特筆以外は全てサイレント映画である。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画人名事典 女優篇 下巻』キネマ旬報社、1996年、425-426頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、484頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『映画俳優事典 戦前日本篇』未来社、1994年。

外部リンク編集