メインメニューを開く

光明寺(こうみょうじ)は、兵庫県加東市にある高野山真言宗仏教寺院。山号は五峯山(ごぶさん)、本尊は十一面千手千眼観世音菩薩。「播磨高野」とも呼ばれる真言宗七十五名刹の一つである。開基(創立者)は法道とされる。観応の擾乱光明寺合戦の舞台として知られる。新西国三十三箇所第28番札所。

光明寺
Komyoji(Kato) 42.jpg
本堂
所在地 兵庫県加東市光明寺433
位置 北緯34度56分54.7秒
東経134度56分50.1秒
座標: 北緯34度56分54.7秒 東経134度56分50.1秒
山号 五峯山
宗派 高野山真言宗
寺格 真言宗七十五名刹
本尊 十一面千手千眼観世音菩薩
創建年 伝・推古天皇2年(594年
開基 伝・法道
別称 播磨高野
札所等 新西国三十三箇所第28番
播磨西国三十三箇所第18番
文化財 銅造如来坐像(国の重要文化財
本堂(国の登録有形文化財
地図
光明寺 (加東市)の位置(兵庫県内)
光明寺 (加東市)
法人番号 6140005016724
テンプレートを表示

新緑紅葉の名所で「ひょうご森林浴場50選」に選定される連山(宿尾・明星が辻・経の尾・大岩・弥木場)である五峯山の主峰頂上近くに本堂がある。光明寺合戦にまつわる史跡は本堂裏の本陣跡のほか、山内に数多く残る。

目次

歴史編集

推古天皇2年(594年)に法道による開基と伝わる。法道は、天竺インド)から紫の雲に乗って飛来したとされる伝説的人物である。法道開基との伝承は文字通りに受け取ることはできないが、法道開基伝承をもつ寺院は兵庫県東部地域に集中しており、こうした伝承の元になり、地域の信仰の中心となった人物が実在した可能性は否定できない。

寺伝では平安時代初期に円仁(慈覚大師)が山内に留まったと言い、仁明天皇の勅願により常行堂が建立されたという。最盛期には塔頭4ケ院の他に19の僧坊があった。

正平6年/観応2年(1351年)には山内の光明寺城足利尊氏高師直の軍と、足利直義石塔頼房・愛曽伊勢守の軍の合戦(光明寺合戦)があった。

伽藍編集

塔頭編集

  • 多聞院
  • 遍照院
  • 大慈院 日本に一つしかない善導大師の自画像である「日本一幅善導大師自画像」がある。
  • 花蔵院

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 銅造如来坐像 - 塔頭遍照院の所有。平安時代中期の作。像高24cmの小像。木彫全盛のこの時代には珍しい金銅仏である。

登録有形文化財(国登録)編集

  • 光明寺本堂 - 1925年大正14年)再建。入母屋造銅板葺きの伝統的仏堂建築で、武田五一の設計。

行事編集

  • 花まつり(5月3日) - 「日本一幅善導大師自画像」(塔頭大慈院の所有)、国の重要文化財の「銅造如来坐像(平安時代中期)」が公開される

札所編集

新西国三十三箇所
27 鶴林寺 -- 28 光明寺 -- 客番 浄土寺
播磨西国三十三箇所
17 普光寺 -- 18 光明寺 -- 19 西仙寺

交通アクセス編集

周辺情報編集

関連項目編集

外部リンク編集