メインメニューを開く

兎絵(うさぎえ)とは明治時代に描かれた浮世絵版画の一種類である。

目次

概要編集

兎絵とはその題材から名付けられた呼称で、明治5年(1872年)7月ころから東京に始まり、全国に流行した兎飼いは一種の投機であった[1]。町には兎の交換や売買の市がたち、鑑定の会が開催された。特に毛並みが変わった兎は高価で取引された。翌明治6年(1873年)2月には兎市は禁止され、12月には高税金が課せられ、漸く熱狂気分も沈静化した。また日本政府が明治7年(1874年)から兎の飼育を奨励したことにより、その飼育が大流行となり、兎を題材にして擬人化などをして描かれた錦絵が多数出版された。これらの錦絵を指して兎絵といい、3代歌川広重蓮池堂といった絵師が描いた。兎絵には風刺的な絵が多くみられた。市民の間で兎を飼う者も多数現れ、これで産をなした者、産を傾けた者と悲喜交々であった。兎飼いと並んで、南京鼠飼いも流行した。これらは日本型資本主義の初期に起こった突発的原始的蓄積ともいうべきもので、兎絵が風刺画になったというだけでも明治浮世絵は一種の存在価値があるといえる。

作品編集

  • 3代歌川広重 「兎ばえ」 竪大判 明治7年 大西庄之助版
  • 無款 「大津ゑ替うた」 大判

出典編集

  1. ^ 『幕末明治の浮世絵集成』44頁。

参考文献編集