入江 著親(いりえ あきちか)は、戦国時代武将長門国国人で、大内氏毛利氏家臣。

 
入江著親
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 永禄8年4月14日1565年5月13日
官位 加賀守
主君 大内義隆義長毛利元就
氏族 藤原南家為憲流工藤氏庶流入江氏
就昌就貫
テンプレートを表示

生涯編集

入江氏長門国大津郡国人で、元々は駿河国有度郡入江に住したことから入江氏を称した。著親は入江景兼の子孫と伝えられるが、父の名など詳しい出自は不明。

初めは大内氏に仕えたが、弘治元年(1555年)から弘治3年(1557年)にかけての防長経略では毛利元就に味方し、大内義長を追撃して長門国豊浦郡長府勝山勝山城に在番した。この功により、弘治3年(1557年7月16日毛利隆元から長門国大津郡俵山郷の内の諸所で65石の地を加増される[1]

永禄7年(1564年12月11日、嫡男の就昌に長門国大津郡深川庄の内の俵山小野村25石・黒川25石・木津内1町[2]、大津郡日置庄の伴田先給20石、安芸国佐東郡北庄の内の17貫500文等の地を譲り、次男の就貫には長門国大津郡深川庄の内の俵山村と木津の15石を譲り渡した[3]

永禄8年(1565年4月14日に死去。

脚注編集

  1. ^ 大内氏旧臣の伊佐越中守先知行25石、阿野新四郎先知行15石、伴田岩松先知行25石。
  2. ^ いずれも現在の山口県長門市
  3. ^ 就昌への譲渡は永禄8年(1565年8月14日、就貫への譲渡は翌8月15日付で、それぞれ毛利元就に認められている。

参考文献編集