メインメニューを開く
 
藤原為憲
Fujiwara no Tamenori.jpg
『英雄百首』(歌川貞秀画)
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 工藤大夫
官位 従五位下遠江権守
主君 朱雀天皇
氏族 藤原南家乙麻呂工藤氏
父母 父:藤原維幾、母:高望王
秦氏
諸説あり定まらず[1]
テンプレートを表示

藤原 為憲(ふじわら の ためのり)は、平安時代中期の貴族武将藤原南家乙麻呂流、常陸介・藤原維幾の子。官位従五位下遠江権守。工藤大夫を号し、工藤氏の祖となる。平将門平貞盛の従兄弟にもあたる。

経歴編集

天慶2年(939年)、常陸国における平将門との紛争に敗れた為憲は、母方の従兄・平貞盛と共に度々の将門の探索をかわしながら潜伏する。天慶3年(940年)2月、「新皇」を僭称した将門の追討に官軍大将の一人として貞盛・藤原秀郷と協力して将門と戦い征伐に成功し、先に将門に襲撃され抑留されていた父・維幾を救援した(承平天慶の乱)。将門追討の恩賞として従五位下に叙爵、木工助(宮内省の宮殿造営職である木工寮の次官)に就任。藤原の藤と木工の工を合わせ工藤姓を興す。家紋「庵木瓜」の創始者。伊豆国駿河国甲斐国遠江国の権守を歴任。

工藤氏からは、伊東氏伊藤氏吉川氏、鮫島氏、二階堂氏相良氏などが派生し、また子孫に工藤茂光工藤祐経などを輩出した。

系譜編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 系図によって、工藤時理の前に為時と時頼の2代を挟むもの、挟まぬものがあり、時理は為憲の子または孫または曾孫。
    田代政鬴 国立国会図書館デジタルコレクション 『新訳求麻外史』 求麻外史発行所、1917年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/959084/20 国立国会図書館デジタルコレクション 

関連項目編集