メインメニューを開く

全国統一小学生テスト(ぜんこくとういつしょうがくせいテスト)とは、四谷大塚が主催、日本全国の学習塾で一斉に行われる小学生を対象とした学力テストである。

「さあ、競争だ」のキャッチコピーを掲げ、2007年度から実施されている。受験料は無料。現在の試験会場は全国で約2000会場、民間が行う小学生の大規模なテストとしては初めての試みで、解答用紙はマークシート形式が導入されている。

受検教科は3年生は算数国語。4、5年生は算数国語理科社会または算数国語理科または算数国語から選択。となっている。

2007年11月23日に行われた第1回の受験者数は、小学3年生が14,408名、小学4年生が17,284名、小学5年生が19,728名[1]、となっており、小学生を対象にした民間のテストでは最多[要出典]の51,420人が受験した。

また、2010年から2年生も参加できるようになった。解答方法は記述式になる。 2015年現在、1年生も受験可。教科はさんすう、こくごの記述式。 成績上位50名による「決勝大会」も行われる。東京の会場までの往復交通費(付添1名含む)は全額支給され、遠方の場合は前泊の宿泊施設も用意される。

実施日一覧編集

毎年6月11月に実施されている。試験日は6月実施分は同月第1か第2日曜日に、11月実施分は同月の国民の祝日文化の日または勤労感謝の日、及びその振替休日)に設定される場合が多い。

脚注編集

外部リンク編集