メインメニューを開く
本来の表記は「全琫準」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
全琫準

全 琫準전봉준、ぜん ほうじゅん、1854年 - 1895年4月24日(旧暦3月30日))は、朝鮮国(李朝)後期の人物。東学の主要人物の一人で、甲午農民戦争の契機をつくった。

生涯編集

1854年全羅北道泰仁で生まれた[1]。東学の地方幹部であった彼は、暴政を行う役人に対する憤りから、1894年に農民を統率して郡庁を襲撃した[2]。この民乱を契機として甲午農民戦争が勃発した[2]。その後まもなく日本清朝がともに出兵したこともあり、一旦は全州和約を結んで政府と和した[2][注釈 1]。しかし、親日的な開化派政権が成立すると、再び蜂起して抵抗を続けた。最終的には日本軍によって捕らえられ、漢城(ソウル)で1895年に処刑された[2]井上馨日本公使は全琫準の人格に共感し、朝鮮政府に処刑しないように要請していたが、朝鮮政府は井上が帰国している間に、処刑を執行した。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし、和約を結んだとする一次資料は発見されていない。

出典編集

  1. ^ 世界大百科事典
  2. ^ a b c d 糟谷(2000)pp.240-245

参考文献編集

  • 糟谷憲一「朝鮮近代社会の形成と展開」『朝鮮史』武田幸男編集、山川出版社〈世界各国史2〉、2000年8月。ISBN 4-634-41320-5

関連項目編集