メインメニューを開く

八十島信之助(やそしま しんのすけ、1914年10月1日 - 1990年7月16日)は、日本の法医学者。札幌医科大学名誉教授。

来歴編集

東京出身。慶應義塾大学医学部卒。東京都監察医として、1949年下山事件で検視を行う。1951年「感電死の研究」で慶大医学博士。慶大講師、1961年札幌医科大学教授。1985年定年、名誉教授。多くの司法解剖を行った。1987年秋、勲三等旭日中綬章受勲。父は八十島親徳、岳父は川村麟也。弟に土木工学者・東京大学名誉教授の八十島義之助

著書編集

  • 『法医学入門』 中公新書、1966
  • 『一般医家のための法医学』 金原出版 新臨床医学文庫、1967

参考編集