八坂女紅場学園(やさかにょこうばがくえん)は、御茶屋の並ぶ京都の祇園町南側界隈の土地を所有する学校法人。法人が経営する祇園女子技芸学校(ぎおんじょしぎげいがっこう)は、京都市東山区祇園町南側にあって、舞妓芸妓のための教育施設。前者が学園と名乗っているので、両者はしばしば混同され、あたかも1つの団体のように思われている。

八坂女紅場学園
170216 Gion Kobu Kaburenjo Kyoto Japan01s3.jpg
過去の名称 婦女職工引立会社
国公私立の別 私立学校
学校種別 各種学校
設立年月日 1872年
学科 日本舞踊三味線、他
所在地 605-0072
京都市東山区祇園町南側570番地
テンプレートを表示

概要編集

八坂女紅場学園は1872年明治5年)に創設された八坂女紅場が母体である。1902年(明治35年)、財団法人となる。1951年昭和26年)、学校法人となる。都をどりで知られる祇園甲部歌舞練場(ぎおんこうぶかぶれんじょう)に付属するように看板があがっている。通称「にょこば」。

女紅場」(じょこうば)は、明治初期、全国でにつくられた女子のための習い事の施設。のちにこの言葉は用いられなくなった。

祇園女子技芸学校の必須科目は鳴物茶道三味線。その他、能楽長唄一中節常磐津清元地歌浄瑠璃小唄華道書道絵画などを学ぶことができる。生徒は祇園の芸・舞妓の全員で、年齢は15歳から80過ぎまでと幅広い。

参考図書編集

  • 平竹耕三 『コモンズとしての地域空間:共用の住まいづくりをめざして』 コモンズ、2002年

関連項目編集

外部リンク編集