メインメニューを開く

建仁寺(けんにんじ)は、京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院山号を東山(とうざん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である。

建仁寺
150124 Kenninji Kyoto Japan01s3.jpg
所在地 京都府京都市東山区大和大路四条下る四丁目小松町584
位置 北緯35度0分3.55秒 東経135度46分25.19秒 / 北緯35.0009861度 東経135.7736639度 / 35.0009861; 135.7736639 (建仁寺)座標: 北緯35度0分3.55秒 東経135度46分25.19秒 / 北緯35.0009861度 東経135.7736639度 / 35.0009861; 135.7736639 (建仁寺)
山号 東山(とうざん)
宗派 臨済宗建仁寺派
寺格 大本山、京都五山三位
本尊 釈迦如来
創建年 建仁2年(1202年
開基 源頼家栄西(開山)
正式名 東山 建仁禅寺
文化財 風神雷神図(国宝)
方丈、勅使門、絹本著色十六羅漢像16幅ほか(重要文化財)
法人番号 9130005001245
テンプレートを表示

京都五山の第3位に列せられている。俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝える。山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、貴重な古籍や、漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる両足院などが見られる。また、豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である。寺号は「けんにんじ」と読むが、地元では「けんねんさん」の名で親しまれている。なお、しばしば日本最初の禅寺と言われるが、これは間違いで博多聖福寺が最初の禅寺である。

目次

歴史編集

日本に臨済宗を正式に伝えたのは栄西がはじめとされている。栄西は永治元年(1141年)、備中国岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り翌年得度(出家)。仁安3年(1168年)と文治3年(1187年)の2回、南宋に渡航した。1度目の渡宋はわずか半年であったが、2度目の渡宋の際、臨済宗黄龍派(おうりょうは)の虚庵懐敞(きあんえじょう)に参禅した。建久2年(1191年)、虚庵から印可(師匠の法を嗣いだという証明)を得て、帰国する。当時、京都では比叡山(延暦寺)の勢力が強大で、禅寺を開くことは困難であった。栄西ははじめ九州博多に聖福寺を建て、のち鎌倉に移り、北条政子の援助で正治2年(1200年)に建立された寿福寺の開山となる。

その2年後の建仁2年(1202年)、鎌倉幕府2代将軍・源頼家の援助を得て、元号を寺号として、京都における臨済宗の拠点として建立されたのが建仁寺である。伽藍は宋の百丈山に擬して造営された。

創建当時の建仁寺は天台、真言、禅の3宗並立であった。これは当時の京都では真言、天台の既存宗派の勢力が強大だったことが背景にある。創建から半世紀以上経た正元元年(1259年)には宋僧の蘭渓道隆が11世住職として入寺し、この頃から純粋禅の寺院となる。

建仁寺は、応仁の乱による焼失のほか、応永4年(1397年)、文明13年(1481年)などたびたび火災にあっており、創建当時の建物は残っていない。

伽藍編集

 
法堂
 
勅使門
 
三門(望闕楼)
 
方丈と大玄関
 
本坊

勅使門編集

重要文化財。寺の南側正面、八坂通りに面した四脚門。

平教盛の館門(平重盛の館門とも)を応仁の乱後に移築したものと伝えるが定かでない。様式的には鎌倉時代末頃の建築である。

三門編集

「望闕楼」(ぼうけつろう)の別称がある。静岡県浜松市(旧浜名郡雄踏町)の安寧寺から1923年に移築したもので、江戸時代末期の建築である。

法堂編集

仏殿(本尊を安置する堂)と法堂(はっとう、講堂にあたる)を兼ねている。

明和2年(1765年)の建立。また、平成14年(2002年)創建800年を記念して天井に小泉淳作により双龍の絵が描かれた。

方丈編集

重要文化財。室町時代の建物で、もと広島の安国寺にあり、安国寺恵瓊慶長4年(1599年)に建仁寺に移築したもの。東側に設けられた大玄関を介して本坊と連結する。

創建当初は杮葺であったが、1736年に瓦葺きに改められた。建物の外周すべてに建具が入り、壁が少ない構造のためか、1934年の室戸台風で倒壊し、1940年に創建当初の杮葺で復旧された。その後1962年に銅板葺きに改められていたが、2013年に杮葺に復した。

各室には桃山時代の画壇を代表する画家の一人である海北友松の水墨障壁画があったが、現在は襖から掛軸に改装され、京都国立博物館に寄託されている。台風被害の復旧後は、日本画家橋本関雪による障壁画『生生流転』(しょうじょうるてん)『伯楽』『深秋』『蕭條』『松韻(寒山子)』(計60面、1940年完成)が設置されている[1]

東陽坊編集

北野大茶会の際に千利休の高弟・真如堂東陽坊長盛が好んだと伝えられる茶室。二畳台目下座床の席。構成・意匠ともに薮内家燕庵に共通する点が多く見られる。大正年間に現在地に移築された。

その他編集

1628年(寛永5年)三江紹益によって建立されたもの。現在のものは平成に入って再建されたものである。いわゆる明智風呂で、湯気で身体を温める蒸し風呂形式である。[2]
境内の北東にある開山堂は、開山栄西禅師の墓所。旧名を護国院、古くは興禅護国院と呼ばれていた。そして開山栄西祖師八百年大遠諱の慶讃事業として、開山堂の桜門修復工事が、2013年(平成25年)1月に完了しました。この桜門は、もともと京都宇多野鳴滝にある建仁寺派妙光寺にあったもので、1887年(明治20年)に現在の開山堂が再建された翌年の1885年建仁寺に移築されたものである。[3] 桜門をくぐると正面に開山塔を拝することができます。その中には入定塔があり栄西禅師の木像が奉安されている。

塔頭寺院編集

明治時代の廃仏毀釈により多くの塔頭が失われ、現在は14院が残るのみ。

建仁寺の真北に位置する境外塔頭。当初正伝院と永源庵は別個の塔頭寺院だった。
正伝院(しょうでんいん)
鎌倉時代の創建、開基は建仁寺第十二世義翁紹仁。当初は祇園の地にあった。応仁の乱以後荒廃するが、大坂冬の陣ののち京都に隠居した織田有楽斎元和4年(1618年)に復興、本院に住して茶道を極めた( →「如庵」も参照)。
永源庵(えいげんあん)
南北朝時代の創建、開基は建仁寺第三十九世無涯仁浩細川頼有がこの無涯仁浩を師としてに帰依したことが縁で、以後永源庵は和泉上守護家細川氏8代の菩提寺となり、さらにこの系統から出た細川幽斎細川三斎父子を祖とする熊本藩主家細川氏の菩提寺の一つともなった。
両塔頭とも幕末から明治維新の混乱期に衰退し、特に永源庵は明治初年にはすでに無住となっていたことから、廃仏毀釈ですぐに廃寺と決まってしまった。ところが永源庵は建仁寺の真北に位置する境外塔頭だったことが幸いして建物そのものが直ちに破壊されなかったため、廃仏毀釈を生き残った正伝院がこの永源庵の跡地に移転することになった。その後正伝院は、細川侯爵家の菩提寺たる永源庵の名を絶やすには忍びないということで、寺名を旧両塔頭の名を合わせた正伝永源院と改め今日に至っている。
温中宗純を開山とする。温中は妙心寺派の禅僧である。1604年(慶長9年)に豊臣秀吉の親族である木下家定が中興した。1872年(明治5年)に替え地を得て、現地に移建される。木下家定の墓所。
建仁寺26世の慈照高山(法燈派)を追請開山とする塔頭で、弟子の海雲禅慧らが創建した。現在は建仁寺の僧堂(専門道場)。左辺亭竹田黙雷の時に禅堂が創建された。1552年(天文21年)に焼失し、1554年(天文23年)に再建された。その後1853年(嘉永6年)に改築される。
蘭洲良芳の塔頭で、蘭州は1378年(永和4年)に54世として建仁寺に住持した。足利義満からあつい信頼を受けた、五山文学僧である。1873年(明治6年)に花見小路から現地に移る。[4]
陀枳尼尊天(だきにそんてん)が興雲庵の鎮守稲荷として祀られている。
 
禅居庵(京都市東山区)
開山は中国僧である大鑑禅師(清拙正澄 1274-1339)。境内の中には摩利支天堂がある。右側の写真がそれである。
1346年(正平1年)霊洞院の正中西堂禅師の建立による塔頭。
建仁寺境内の西側に位置する。1608年(慶長13年)に美濃加茂城主の奥平美作守伸昌三江紹益を開基に迎えて創建した奥平家の菩提寺で、九昌院の名前は城主伸昌の法号から名付けられたと言われている。
建仁寺境内の南東の端に位置する。夢窓疎石法嗣である、青山慈永(1302-1369)を開山として1352年に創建された寺院であって、本尊は聖観音である。
もとは知足院といい、その寮舎であった也足軒と合併し両足院となったともいう。
戦国武将、黒田長政に所縁の塔頭で、元は鞍馬にあった毘沙門天像を兜の中に入れ、関ヶ原の戦いで活躍したとの言われがあり、明治時代になり黒田侯爵家から像が寄進され、毘沙門天堂に祀られた。
開山はから来た蘭渓道隆(らんけい どうりゅう 1218-1278)である。北条時頼の招聘で蘭渓道隆は鎌倉にある建長寺の開山となった名僧であり、大覚禅師といわれ日本で禅師号最初の禅僧でもある。そして兀庵普寧(ごったん ふねい)の来日を機に、蘭渓道隆は1262年(弘長2年)建仁寺第11世住持に迎えられ、塔頭西来院の開山となった。西来院の本堂は内陣中央正面に、大覚禅師の等身木造り坐像を安置している。
建仁寺北門前の花見小路通の南端東側に位置している。大中院は東海竺源(1270-1344)が開基である。ただ何度も戦乱と大火により復興を繰り返した。方丈は南面し、雪窓和尚が再建した当時の遺構と言われている。方丈の室中正面には、後光厳天皇の扁額「勅謚安威禅師」が掲げられ、本尊白衣観世音菩薩立像が安置されている。

文化財編集

 
風神雷神図
 
方丈の庭(潮音庭)
 
方丈の石庭(大雄苑)

国宝編集

  • 風神雷神図(国宝)-俵屋宗達筆。金地の二曲一双屏風のそれぞれに風神雷神を描く。たっぷりと取られた余白が広い空間を暗示し、天空を駆ける両神のダイナミックな動きを感じさせる。印も落款も無いが、俵屋宗達の代表作として名高い。原本は京都国立博物館に寄託され、常時の公開はされていないが、複製の屏風および陶板は建仁寺で見ることができる。元々は京都の豪商・打它公軌(うだきんのり/糸屋十右衛門)が建仁寺派である妙光寺再興の記念に俵屋宗達に製作を依頼したもので、その後、妙光寺から建仁寺に寄贈された。

重要文化財編集

  • 方丈
  • 勅使門
  • 絹本著色十六羅漢像 16幅
  • 紙本墨画竹林七賢図 16幅(方丈室中 旧障壁画)
  • 紙本墨画花鳥図 8幅(方丈書院の間 旧障壁画)
  • 紙本淡彩琴棋書画図 10幅(方丈衣鉢の間 旧障壁画)
  • 紙本墨画雲竜図 8幅(方丈礼の間 旧障壁画)
  • 紙本墨画山水図 8幅(方丈檀那の間 旧障壁画)
  • 一山一寧墨蹟 雪夜作(正和乙卯臘月)
  • 明恵上人筆消息(上覚御坊宛)
  • 宋拓石橋可宣筆三自省 3幅
  • 三彩兕觥形香炉(じこうがたこうろ) 奥田頴川作 - 2017年度指定[5][6]

※「竹林七賢図」「花鳥図」「琴棋書画図」「雲竜図」「山水図」は、海北友松一派の筆になる方丈旧障壁画であり、襖絵から掛軸に改装されている。

※典拠:2000年(平成12年)までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

無形民俗文化財編集

  • 建仁寺四頭茶礼(京都市登録無形民俗文化財)

府指定文化財編集

2010年3月23日付で指定[7]
  • 法堂
  • 浴室
  • 大鐘楼
  • 小鐘楼
  • 楽神廟
  • 西門
  • 北門
  • 向唐門
  • 庫裏

四頭茶会編集

四頭茶会は、1141年(永治1年)の4月20日に生まれた建仁寺開山の明庵栄西禅師の誕生日に合わせて、四月二十日に開山降誕会の行事として開催される。
栄西の遺徳を偲び慶讃法要を厳修し、建仁寺本坊の大方丈での古式にのっとった四頭の茶会。そのほか当日は、裏千家表千家などの副席もあって、茶道を志す方にとっては関心のある儀式といえます。
詳しい説明は避けますが四頭茶会とは大まかに言えば、四人の正客に準じて相伴客がお茶をいただく、広間での作法に近いといえる。 そしてその由来は、中国の時代に禅宗寺院で行われ、それが鎌倉時代に日本へ禅と一緒に入ってきたものといわれている。[8]

坐禅会編集

臨済宗大本山建仁寺では毎月第二日曜日に坐禅会を開催しています。坐禅会は開山栄西禅師こと千光国師から名前をとって「千光会」と呼ばれています。平成29年頃からは、二百名前後の参加者があって盛況です。時間厳守。室内では極力静かに願います。また途中での休憩時以外の退出等は他の参加者の邪魔になりますので、ご遠慮願います。
坐禅会の参加費は無料です。(注意 但し終了後拝観される場合には別途拝観料を要します。) 坐禅会は毎回次の要領で実施されます。八月は盆につき休会、七月は暁天坐禅会緑陰講座として三日連続であります。下記参照のこと。

開催日 毎月第二日曜日
07時50分~ 静座
08時00分~ 坐禅 二炷
08時45分~ 般若心経白隠禅師坐禅和讃の読経
09時00分~ 小堀泰巌建仁寺派管長の「碧巌録」提唱
09時50分~ 四弘誓願
10時00分  終了

○暁天坐禅会緑陰講座 七月は第二日曜日を含む金土日の三日間開催されます。時間は通常より早く六時半から開催。最初の二日間は大学教授等が講演、最終日の日曜日は通常の提唱となっている。

仏像盗難事件編集

2009年1月31日に、木造の十一面観音坐像が何者かに盗まれたが、同年3月2日盗んだ男が逮捕され、無事仏像は押収された。

交通アクセス編集

周辺情報編集

脚注編集

  1. ^ 「関雪年表」(白沙村荘 橋本関雪記念館公式サイト)
  2. ^ 『臨済宗大本山 建仁寺』2016年パンフレット
  3. ^ 華蔵界 第37号 臨済宗建仁寺派宗務本院発行 2013年3月
  4. ^ 『京都の禅寺散歩』竹貫元勝 雄山閣出版 1994年7月発行
  5. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第117号
  6. ^ 国宝・重要文化財の指定について(文化庁サイト)
  7. ^ 京都府指定・登録文化財
  8. ^ 四頭茶会案内パンフレット 大本山建仁寺発行 2014年

参考文献編集

  • 井上靖、塚本善隆監修、秦恒平、伊藤東慎著『古寺巡礼京都6 建仁寺』、淡交社、1976
  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 洛東下』駸々堂、1981
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』71号、朝日新聞社、1998
  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 京都府』、角川書店
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館
  • 『観光&ツーリズム』17号、大阪観光大学観光学研究所、2012

関連項目編集

外部リンク編集