メインメニューを開く

八巻 和彦(やまき かずひこ、1947年5月8日[1] - )は、日本の哲学者早稲田大学名誉教授。専門は、哲学、論理学。

目次

来歴編集

山梨県出身。長野県諏訪清陵高等学校卒業、1971年早稲田大学第一文学部卒業、東京教育大学(現筑波大学)大学院文学研究科博士課程中退。1980年和歌山大学助教授。1990年早稲田大学助教授、1992年教授。1986年より1988年までフンボルト財団研究奨学生としてドイツトリア大学付属クザーヌス研究所に滞在。1998年より2000年まで早稲田大学在外研究員としてドイツボン大学に滞在。2000年「ニコラウス・クザーヌスの世界像」で京都大学文学博士。また早稲田中学校・高等学校の校長を務めた。2018年早稲田大学を定年退職、同名誉教授。Wissenschaftlicher Beirat der Cusanus-Gesellschaft(クザーヌス協会学術顧問)。

著書編集

単著編集

  • 『クザーヌスの世界像』創文社 2001
  • 『クザーヌス 生きている中世――開かれた世界と閉じた世界』ぷねうま舎 2017
  • "Anregung und Uebung - Zur Laienphilosophie des Nikolaus von Kues" Aschendorff Verlag 2017

編著編集

  • 『境界に立つクザーヌス』矢内義顕共編 知泉書館 2002
  • “Nicholas of Cusa, A Medieval Thinker for the Modern Age” RoutledgeCurzon 2002
  • 『ジャーナリズムの〈いま〉を問う――早稲田ジャーナリズム大賞パネルディスカッションより』(早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える) 早稲田大学広報室編 佐野眞一,後藤謙次,江川紹子,深川由起子共著 早稲田大学出版部 2012
  • 『「今を伝える」ということ――「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2015』成文堂 2015
  • 『日本のジャーナリズムはどう生きているか――「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2016』成文堂 2016

翻訳編集

  • ニコラウス・クザーヌス『可能現実存在』(アウロラ叢書)大出哲共訳、国文社 1987
  • クザーヌス『神を観ることについて 他二篇』岩波文庫 2001
  • L.ハーゲマン『キリスト教とイスラーム――対話への歩み』矢内義顕共訳 知泉書館 2003

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.350