メインメニューを開く
南側から見る八幡岬

八幡岬(はちまんみさき)は、千葉県いすみ市大原にある

概要編集

 
八幡岬からの展望

千葉県外房太平洋東向きに突き出た岬で、眼下には大原漁港が見下ろせる。岬は断崖絶壁となっており、南方向には丹ヶ浦の断崖が見え絶景である。崖上にはかつて土岐氏一族の小浜城があった小浜八幡神社がある。八幡岬の名もこの神社に由来している。高台から見る太平洋と海岸線、大原漁港は大変美しい。また岬のすぐ南側はになっており、おだやかで美しい砂浜を見おろすことができる。海岸沿いに岬の突端に向かう遊歩道もあり美しい海岸線を眺めながら遊歩できるが、高波の日には危険が伴う。

その他編集

 
大原漁港と八幡岬へ行く道の切通し
 
夕暮れに子供たちが遊ぶ八幡岬

漫画家つげ義春は、幼少期の一時期を大原で過ごしたが、その後も幾度となく訪れており、小浜の漁村を散策したり棲むことを考え不動産物色したりしている。一度、石子順造を案内したこともあるが、石子は八幡岬からの景色を非常に気に入り「これはすごい。ぼくの住んでいる焼津あたりの海よりずっといいね」と感嘆したという。

千葉県には勝浦市[1]と2つの八幡岬が存在する。

所在地編集

  • 千葉県いすみ市大原
Google地図

交通編集

周辺情報編集

 
八幡岬から見る大原漁港

関連項目編集

外部リンク編集