メインメニューを開く

八点鐘』(はってんしょう、Les huit coups de l'horloge)は、モーリス・ルブランアルセーヌ・ルパン・シリーズの一篇。連作短編集。1923年発表。

八点鐘
Les Huit Coups de l'horloge
著者 モーリス・ルブラン
発行日 1923年8月
発行元 Éditions Pierre Lafitte
ジャンル 短編小説推理小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
前作虎の牙
次作カリオストロ伯爵夫人
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

セルジュ・レニーヌ公爵ことアルセーヌ・ルパンとオルタンス・ダニエル嬢が、ある廃屋で聞いた時計の8時の鐘を契機に8つの冒険を繰り広げる物語。8つの短編で構成され、その短編全てを通すと1つの物語となっている、という構成である。一つ一つの短編で使われているトリックは、ミステリとしての評価が高く、推理作家エラリー・クイーンは、古今東西の推理小説選「クイーンの定員」で本作に高い評価を下している。

また、8つの物語は一つ一つ趣向が違っている。

収録作品編集

日本語題は日本語訳シリーズ完全全集である偕成社版(長島良三訳、1981年11月、ISBN 978-4-03-815140-8 )のタイトルに拠った。

  • 塔のてっぺんで Au sommet de la tour (l'introduction)
  • 水びん La Carafe d'eau
  • テレーズとジェルメーヌ Thérèse et Germaine
  • 秘密をあばく映画 Le Film révélateur
  • ジャン・ルイ事件 Le Cas de Jean-Louis
  • 斧をもつ貴婦人 La Dame à la hache
  • 雪の上の足あと Des pas sur la neige
  • メルキュール骨董店 « Au Dieu Mercure » (la conclusion)

漫画化編集

日本において、JET新潮文庫版(堀口大学訳)を元にして『八点鐘』の漫画化を行っている。『ネムキ』(朝日新聞出版)にて2008年から連載された。原作にないアレンジも加えられている。単行本は眠れぬ夜の奇妙な話コミックスから全2巻。

  1. 2010年2月5日 ISBN 978-4022131539
    1. 塔のてっぺんで
    2. 水瓶
    3. テレーズとジェルメーヌ
    4. 映画の啓示
  2. 2010年2月5日 ISBN 978-4022131546
    1. ジャン=ルイの場合
    2. 斧を持つ貴婦人
    3. 雪の上の足跡
    4. マーキュリー骨董店