メインメニューを開く

八田 木枯(はった こがらし、1925年1月1日 - 2012年3月19日)は、日本俳人。本名は日刈(ひかる、生誕時は光[1])。三重県津市に出生。実家は材木商。10代から「ホトトギス」に投句し、1941年より長谷川素逝、のち橋本鶏二に師事。戦後、貸本業や実家の材木商を営みながら句誌「ウキグサ」を主宰。1948年より山口誓子の「天狼」に発表して注目されるが、1957年より20年間、稼業に専念するため句作を中断。1977年より句作再開し、うさみとしおとの二人誌「晩紅」を発行。1987年「雷魚」創刊同人。句作再開後は「天狼」時代と打って変わり、虚実皮膜とも言われる玄妙な句を作った。2005年、現代俳句協会賞を受賞。2011年、句集『鏡騒(かがみざい)』により小野市詩歌文学賞受賞。同年、「晩紅」休刊し、木枯を囲む同人誌「鏡」が寺澤一雄により創刊。2012年、間質性肺炎により87歳で死去[2]

句集編集

  • 汗馬楽鈔
  • 於母影帖
  • あらくれし日月の鈔
  • 天袋
  • 夜さり
  • 鏡騒

脚注編集

参考文献編集

  • 『現代俳句大事典』「八田木枯」の項
  • 『八田木枯全句集』

外部リンク編集