公権力(こうけんりょく、: Governmental authority[1])とは、国家公共団体による統治において、物理的な力により執行する、服従しなければ刑罰を科すと告知するなどの方法により、国民に対して命令し強制する権力をいう[2]。また、そういった力を行使する主体となる警察検察裁判所税務署軍隊などの機関を指す。国家が公権力を持つことで、万人の万人に対する闘争と呼ばれる国内の無秩序状態を回避できる[3][4][5][6][7][8]

代表的な例は逮捕収監召喚のほか、行政処分強制収用徴税・かつての徴兵)などがこれに当たる。

日本における公権力の行使編集

フランス語における「Force publique」や英語における「Public Force」編集

フランス語: Force publique英語: Public Forceとは、公の利益に資することを目的とした、物理的な有形力の正統かつ合法な使用が、確保されている力のことである。この用語は、幅広く且つ緩やかに定義され、また、警察軍隊を指して使用されることもある。

元々の用法編集

この概念が最初に使用されたのは、1789年のフランス人権宣言においてである。

Article XIII - For the maintenance of the public force and for the expenditures of administration, a common contribution is indispensable; it must be equally distributed between all the citizens, by reason of their faculties [i.e., ability to pay].

この宣言は、市民暴力の正統な使用との間における関係を規定するために求められた。アングロ・サクソン諸国における類似の人権宣言等と異なり、このような力に対抗するための市民の権利よりも、このような力の存在に貢献するための市民の義務の方に重点・力点が置かれている。

更なる用法編集

この概念は、例えばトーマス・ジェファーソンの6回目の一般教書演説など、他の国々においても使用された。

出典編集

  1. ^ プログレッシブ和英中辞典(第3版). “公権力の意味 - 和英辞典” (日本語). コトバンク. 2021年7月26日閲覧。
  2. ^ 日本国語大辞典,デジタル大辞泉, 精選版. “公権力とは” (日本語). コトバンク. 2021年7月26日閲覧。
  3. ^ 平凡社「世界大百科事典」栗原彬阿部斉の項目を参照。
  4. ^ 寺島実郎責任監修リレー講座「世界の構造転換と日本の進路」第3回「対テロ戦とアフガニスタンの安定化、日本はどう向き合うべきか?」伊勢崎賢治
  5. ^ II 政治的暴力の概念 政治的暴力と人類学を考える(グアテマラの現在) 池田光穂
  6. ^ 自衛隊は「暴力装置」である 池田信夫blog 2010年11月19日 00:08 法/政治
  7. ^ 暴力装置 大屋雄裕ブログ・「おおやにき」2010年11月18日 17:49
  8. ^ 加藤秀治郎ほか『新版 政治学の基礎』一芸社、2001年、13頁