メインメニューを開く

栗原 彬(くりはら あきら、1936年4月18日 - )は、日本の社会学者立教大学名誉教授、立命館大学研究顧問。専門は政治社会学。

目次

略歴編集

栃木県宇都宮市生まれ。東京大学教養学部卒業。三井物産勤務を経て、東京大学大学院社会学研究科で学ぶ。立教大学法学部助手、武蔵大学人文学部講師、立教大学法学部助教授・教授、2002年定年、名誉教授、明治大学文学部教授、2007年立命館大学特別招聘教授。水俣フォーラム代表および日本ボランティア学会代表。

著書編集

単著編集

  • 『やさしさのゆくえ――現代青年論』(筑摩書房, 1981年
  • 『歴史とアイデンティティ――近代日本の心理=歴史研究』(新曜社, 1982年
  • 『管理社会と民衆理性――日常意識の政治社会学』(新曜社, 1982年)
  • 『政治の詩学――眼の手法』(新曜社, 1983年
  • 『政治のフォークロア――多声体的叙法』(新曜社, 1988年
  • 『やさしさの存在証明――若者と制度のインターフェイス』(新曜社, 1989年
  • 『人生のドラマトゥルギー』(岩波書店, 1994年
  • 『「やさしさ」の闘い――社会と自己をめぐる思索の旅路で』(新曜社, 1996年
  • 『「存在の現れ」の政治――水俣病という思想』(以文社, 2005年

共著編集

編著編集

  • 『講座差別の社会学(全4巻)』(弘文堂, 1996年 - 1997年
  • 『証言水俣病』(岩波新書 2000年
  • 『人間学』編 世織書房 2015
  • 『ひとびとの精神史 第3巻 六〇年安保 1960年前後』編 岩波書店 2015

共編著編集

訳書編集