メインメニューを開く

六条 有光(ろくじょう ありみつ)は、南北朝時代公卿権中納言六条有忠の子。官位従二位・権中納言、淳和奨学両院別当六条家4代当主。

経歴編集

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

建武元年(1334年)、参議正四位下右中将[2]。建武2年(1335年)1月5日、従三位に叙せられる。延元元年/建武3年(1336年)、備中権守を兼ねるか。延元3年/暦応元年(1338年)1月5日、正三位に昇叙。同年11月21日、参議を辞した。同月27日、父・有忠の喪に服す。興国3年/康永元年(1342年)3月30日、参議に還任。同日、右中将に任ぜられる。興国4年/康永2年(1343年)8月13日、権中納言に任ぜられる。興国5年/康永3年(1344年)2月5日、帯剣を許される。9月5日、淳和・奨学両院別当に補される[3]。同年12月29日、権中納言を辞した。正平元年/貞和2年(1346年)1月6日、従二位に昇叙。正平13年/延文3年(1358年)、出家か。

淳和奨学両院別当編集

有光は六条家から淳和院・奨学院の両院別当に補された唯一の人物である。これは中院通冬が一時的に南朝に帰属してしまった事、久我家にも年齢的に適任者がいなかった事による特例と考えられる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 正平13年/延文3年1358年)以降。
  2. ^ 前年に席次最末で参議となった千種忠顕よりも1つ席次が下であるが、千種忠顕と同時に参議に任ぜられたかどうか明確ではない。
  3. ^ 中院通冬の替え。

出典編集

  • 公卿補任』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※ 建武元年(1334年)に有光が参議となった時以降の記事。
  • 尊卑分脈』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※「六条有光」および「六条有忠」の項。
  • 増鏡』全訳注、井上宗雄、講談社学術文庫
  • 本郷和人『中世朝廷訴訟の研究』 東京大学出版会
  • 岡野友彦『中世久我家と久我家領荘園』 続群書類従完成会
先代:
六条有忠
六条家当主
4代
次代:
六条有孝