本郷 和人[1](ほんごう かずと[2]1960年10月12日[3] - )は、日本中世史[4]を専門とする日本の歴史学者である。学位は博士(文学)[5]東京大学史料編纂所教授[6]東京都生まれ[7]

人物編集

石井進五味文彦に師事し、日本中世政治史においては当為(建前、理想論)ではなく実情を把握すべきとし、清水三男の評価を通じて日本中世の「統治」のあり様に言及する著作を発表している。従来の権門体制論を批判し、二つの王権論に立つ。師の五味文彦と同様に書評も多く、中世や近世を扱った様々なドラマ、アニメ、漫画の時代考証にも携わる。妻の本郷恵子は東京大学史料編纂所教授。日本中世史を専攻している。

経歴編集

学歴編集

職歴編集

令和に対する批判編集

2019年4月2日放送のAbemaTVの放送において「『令』は上から下に何か『命令』する時に使う字。国民一人ひとりが自発的に活躍するという説明の趣旨とは異なる」、「『巧言令色鮮し仁』という故事」を連想させる。「『令』という字は皇太子と密接な結びつきがあるもので、天皇との密接な関係はない」、「令和以外はケチのつけようがない」と述べ、令和元号として不適切であると批判した[9]

その後毎日新聞2019年4月19日付夕刊の『特集ワイド:新元号「令和」 礼賛一辺倒だが…「負」の面にも目を』において、AbemaTVでの発言に対して「ツイッター等のSNSで猛批判を受けた」ことを明かしたが、大修館書店発行の漢和辞典、『大漢語林』によれば「『令』の字が良い意味で出てくるのは6番目」であり、「『令』は律令に規定のある役人であり、使用人」の意味があると述べ、「上に立つ人にはそれにふさわしい字がある」と改めて自説の正しさを主張した[10]

著書編集

  • 『中世朝廷訴訟の研究』東京大学出版会、1995年
  • 『新・中世王権論 武門の覇者の系譜』新人物往来社、2004年/文春学藝ライブラリー(文庫)、2017年
  • 『人物を読む日本中世史 頼朝から信長へ』講談社選書メチエ 2006年
    • 『日本中世史の核心 頼朝、尊氏、そして信長へ』朝日文庫、2019年
  • 『武士から王へ―お上の物語』ちくま新書、2007年
  • 『天皇はなぜ生き残ったか』新潮新書、2009年、ISBN 4106103125
  • 『天皇の思想―闘う貴族北畠親房の思惑』山川出版社、2010年、ISBN 4634150042
  • 『武力による政治の誕生 選書日本中世史1』講談社選書メチエ、2010年、ISBN 4062584662 
  • 『天皇はなぜ万世一系なのか』文春新書、2010年、ISBN 4166607812
  • 『名将の言葉─武人の生き様と美学』パイインターナショナル、2011年/新潮文庫、2013年、ISBN 978-410-128041-7
  • 『謎とき平清盛』文春新書、2011年、ISBN 9784166608355
  • 『戦いの日本史 武士の時代を読み直す』角川学芸出版、2012年、ISBN 978-4-0470-3515-7
  • 『戦国武将の明暗』新潮新書、2015年、ISBN 978-4-10-610609-5
  • 『戦国武将の選択』産経セレクト、2015年、ISBN 978-4-8191-1264-2
  • 『なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか』幻冬舎、2015年、ISBN 978-4-344-02849-4
  • 『戦国夜話』新潮新書、2016年、ISBN 978-4-10-610666-8
  • 『天皇にとって退位とは何か』イースト・プレス、2017年、ISBN 978-4-7816-1506-6
  • 『真説戦国武将の素顔』宝島社新書、2017年
  • 『日本史のツボ』文春新書、2018年
  • 壬申の乱関ケ原の戦い―なぜ同じ場所で戦われたのか』祥伝社新書、2018年
  • 『上皇の日本史』中公新書ラクレ、2018年
  • 『日本史の新常識』文春新書、2018年
  • 『考える日本史』河出新書、2018年
  • 『軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル』朝日新書、2018年
  • 承久の乱 日本史のターニングポイント』文春新書、2019年
  • 『乱と変の日本史』祥伝社新書、2019年
  • 『世渡りの日本史 苛烈なビジネスシーンでこそ役立つ「生き残り」戦略』KADOKAWA、2019年
  • 『怪しい戦国史』産経セレクト、2019年
  • 『世襲の日本史 「階級社会」はいかに生まれたか』NHK出版新書、2019年
  • 『権力の日本史』文春新書、2019年
  • 『信長 「歴史的人間」とは何か』トランスビュー、2019年
  • 『日本史 自由自在』河出新書、2019年
  • 『空白の日本史』扶桑社新書、2020年
  • 『日本史ひと模様』日経プレミアシリーズ、2020年
  • 『日本史でたどるニッポン』ちくまプリマー新書 2020年
  • 『誤解だらけの明智光秀』マガジンハウス、2020年
  • 『暴力と武力の日本中世史』朝日文庫、2020年12月
  • 『「失敗」の日本史』中公新書ラクレ、2021年3月

共編著編集

研究書
  • 『日本史を変えた八人の将軍』門井慶喜共著]. 祥伝社新書, 2020.2
  • 『明智光秀10の謎』細川珠生共著. 宝島社新書, 2020.3
  • 『危ない日本史』 NHK「偉人たちの健康診断」取材班共著] (講談社+α新書 2020.
  • 『日本史の定説を疑う』井沢元彦共著. 宝島社新書, 2020.7
  • 『疫病の日本史』井沢元彦共著. 宝島社新書, 2020.
その他

その他編集

  • テレビアニメ『お伽草子時代考証
  • 大河ドラマ平清盛』時代考証
  • 漫画『応天の門』(灰原薬著)新潮社、2014年- 監修
  • ラジオ深夜便「平清盛のツボ」パーソナリティー(2011年12月-2012年11月 原則毎月最終月曜未明=日曜深夜)
  • 漫画『ふたりじめ─戦国夫婦物語』『ふたりごと─戦国夫婦物語』(藤見よいこ著)実業之日本社、2014-15年 監修
  • 漫画『ふぅ~ん、真田丸』(みかめゆきよみ著)実業之日本社、2015年 監修・解説
  • 漫画『雪花の虎』(東村アキコ著)小学館、社、2018年 監修
  • 『戦国武将三英傑大図鑑 織田信長の戦い』(グラフィオ編集)金の星社、2018年 監修
  • 『戦国武将三英傑大図鑑 豊臣秀吉の戦い』(グラフィオ編集)金の星社、2018年 監修
  • 『戦国武将三英傑大図鑑 徳川家康の戦い』(グラフィオ編集)金の星社、2018年 監修
  • 漫画『新九郎、奔る!』(ゆうきまさみ著)小学館、2018年- 監修

参考文献編集

  1. ^ 「誰も古典を知らない」『文藝春秋』平成二十七年四月号、株式会社文藝春秋、2015年4月1日、83頁
  2. ^ 「本郷和人の日本史ナナメ読み」『産経新聞』朝刊、産業経済新聞大阪本社、2016年4月7日、12面
  3. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.342
  4. ^ 前掲書『産経新聞』朝刊、2016年4月7日
  5. ^ 前掲書『産経新聞』朝刊、2016年4月7日
  6. ^ 前掲書『文藝春秋』平成二十七年四月号
  7. ^ 前掲書『産経新聞』朝刊、2016年4月7日
  8. ^ a b c d 東京大学大学院情報学環・学際情報学府公式サイト
  9. ^ 「令和以外の5つはケチのつけようがない」東大教授が指摘する『令』が抱える3つの問題 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES. 2021年6月21日閲覧。
  10. ^ 特集ワイド:新元号「令和」 礼賛一辺倒だが…「負」の面にも目を” (日本語). 毎日新聞. 2021年6月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集