メインメニューを開く

六羽川合戦(ろっぱがわかっせん)は、天正7年(1579年7月4日陸奥国六羽川(現・青森県平川市)において、大浦氏安東氏の命を受けた比山氏ら連合軍との間に起きた戦い。

六羽川合戦
戦争戦国時代
年月日天正7年7月4日1579年7月27日
場所陸奥・六羽川周辺
結果:比山・北畠・滝本の敗北・大浦勢の勝利
交戦勢力
大浦 比山北畠滝本連合軍
指導者・指揮官
大浦為信
兼平綱則
乳井建清
比山六郎
比山七郎
北畠顕則
滝本重行
戦力
不明 約1000人
損害
田中太郎五郎北畠利顕らの戦死 比山六郎ら多数の戦死

戦いの背景編集

南部氏からの独立を目指す大浦為信(後の津軽為信)は、大光寺城石川城浪岡城など南部氏や浪岡氏側の国人の諸城を攻略した。

それにより、滝本重行や浪岡一族などの多くの諸将が、主家の南部氏や出羽国の安東氏などのもとに逃れた。また、浪岡氏を滅ぼしたことにより、安東氏との関係も悪化した。

戦いの経過編集

天正7年(1579年)7月4日、安東氏の命を受け、比山六郎・七郎兄弟が津軽へと侵攻した。これに大浦為信から城を追われた滝本重行、北畠(浪岡)顕則らも参陣、浅利氏大鰐碇ヶ関方面の土民たちの協力もあり、軍勢は1千に膨れ上がった。

まず連合軍は、滝本重行の仇敵・乳井建清が城主を務めていた乳井城乳井茶臼館乳井古館に攻め入り、建清が留守であったこともあり3城は瞬く間に落城した。続いて沖館城に攻め入るも城主・阿部兵庫介の奮戦により、撤退した。

その後、六羽川の畔(現・青森県平川市)において大浦軍と激突した。連合軍は占領した乳井茶臼館、大浦軍は大坊・岩館に本陣を置いた。戦いは夕暮れまで続き、大浦軍は次第に追い詰められ、為信本陣の旗本もほとんどが討ち死にした。すると、本陣にいた田中太郎五郎が為信の身代わりとなって突撃、為信を討ち取ったと思い込み油断した連合軍は隙をつかれ、大将の比山六郎が討ち死にした。これによって、連合軍は総崩れとなって敗走し、大館に撤退した。

その後の情勢編集

その後、津軽には南部氏当主・南部信直の弟・石川政信らが入ったともされるが、定かではない。大浦氏は後に津軽を征服し、外ヶ浜(現・青森県青森市)と糠部の一部(現・青森県平内町)を征服した。

為信の身代わりとなった田中太郎五郎については、その後、嫡子田中宗右衛門に100石を加増し、津軽の忠臣の家として遇した。昭和34年(1959年)には、子孫にあたる元外交官・佐藤尚武らによって「津軽之忠臣」の碑が建立され、かつてこの地で戦があったことを物語っている。

参考文献編集

  • 広報ひらか「史跡文化財めぐり」

関連項目編集