メインメニューを開く

共産主義者同盟戦旗派(きょうさんしゅぎしゃどうめいせんきは)は、1973年から2004年まで存在した共産同系の日本の新左翼党派の一つ。略称は「共産同戦旗派」「両川派」「西田派」など。

目次

概要編集

1973年6月 「共産主義者同盟戦旗派」は、「共産主義者同盟 (戦旗派)」(荒派、日向派、後の「戦旗・共産同」)から分裂して結成された。指導者は両川敏雄(別名:西田輝)、機関紙は「戦旗」で分裂相手の荒派と同一だが住所が異なる。本部は「戦旗社」で東京都足立区に置き、主に首都圏山口県福岡県を活動拠点とした。

共産同戦旗派は、過去にひめゆりの塔事件を起こすなど武闘派の側面をもち[1]中核派革労協とともに「三派共闘」を結成、三里塚闘争反皇室闘争の過程で実力闘争を展開し、ゲリラ事件なども起こしてきた。

1991年頃より、同じブント系党派である「共産主義者同盟 (全国委員会)」(「烽火派」系))と提携関係を結ぶようになり、次第に両者の関係を深めた。2004年4月、両者は統合し、新たに「共産主義者同盟 (統一委員会)」として再出発することになった。

年表編集

注釈編集

  1. ^ 戦旗共産同(荒派)から分裂したのも、指導者の荒岱介の組織温存路線に飽き足らなかったからである。[要出典]

参考文献編集

  • 月刊「治安フォーラム」2009年4月号(立花書房

関連項目編集

外部リンク編集