メインメニューを開く

兵科色(へいかしょく)は、軍服において、着用する軍人が属する兵科を示すために用いられる

目次

概要・沿革編集

軍服の服生地に原色が主に用いられていた時期には、上衣または上下の地色自体が兵科ごとに異なる場合と、生地色が軍種によって統一されている場合は、肩章、袖口等に兵科色の布地が用いられている場合があった[1]

20世紀に入り、軍服特に陸軍のそれにおいて、カモフラージュ効果の高いカーキ色等の地色、さらに迷彩模様が主流になるとともに、兵科色が用いられる面積も小さくなり、襟章制帽肩章の縁取り等に限定的に用いられるようになった。全体としては時代が下るごとに用いられなくなり、バッジその他の記章に代えられる[2]傾向にある。

日本編集

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍日中戦争後半・太平洋戦争時には完全に兵科を廃止していた。兵科シンボルではないが憲兵隊は「憲兵」と書かれた腕章をしていた。

陸上自衛隊

陸上自衛隊において普通科歩兵部門)が赤色特科砲兵部門)が濃い黄色など旧軍に近いイメージカラーとする部門がある。一方で、機甲科戦車機械化歩兵部門)が旧軍の騎兵科萌黄色から橙色(オレンジ)に変わっているなど、旧軍から世襲した科としなかった科に分かれている。警務隊も憲兵隊の黒ではなく藍色である。

ドイツ編集

ドイツ帝国時代
ワイマール共和国時代
第三帝国時代
ドイツ連邦軍

ドイツ民主共和国編集

ドイツ民主共和国(東ドイツ)では、国防省ドイツ語版および国家保安省内務省ドイツ語版などが有する軍事組織の制服に兵科色が使用された。

国防省編集

国家人民軍では、肩章、襟章、および制帽の縁取り等に兵科色が配された。編成初期には制服や戦闘服の袖口などに施される2mm幅のタックにも兵科色が配されていたが、1960年代になるとこれらは簡略化され、地上軍では一様に白色のパイピングを施すようになった。また何れの機関でも将官用制服のズボンにLampassenドイツ語版と呼ばれる伝統的な装飾を施していたが、これも兵科色が配された。海軍の制服は諸外国と同様式のものだったが、沿岸警備部隊などでは陸軍様式の制服を着用しており、彼らにも兵科色が与えられた。

地上軍(Landstreitkräfte )
  • 将官(Generale):深紅(hochrot)
  • 自動車化狙撃兵(Motorisierte Schützen)、偵察兵(Aufklärung):(weiß)
  • 砲兵及びロケット砲兵(Raketentruppen und Artillerie)、防空兵(Truppenluftabwehr):赤レンガ色(ziegelrot)
  • 戦車兵(Panzer):ピンク(rosa)
  • 工兵(Pionierwesen)、科学防護兵(chemischer Dienst)、輜重兵(Kraftfahrzeugdienst und Militärtransportwesen):(schwarz)
  • 通信兵(Nachrichten):(gelb)
  • 後方部門(Rückwärtige Dienste)、衛生部(Sanitätsdienst)、法務部(Militärjustiz)、経理部(Finanzorgane):(grün)
  • 軍楽隊(Militärmusik):(weiß)、自動車化狙撃兵と同色。
  • 降下猟兵(Fallschirmjäger):(orange)、襟章および肩章のみ。降下猟兵の襟章はドッペルリッツェン (Doppellitzen) の装飾を備えず、代わりに落下傘の刺繍が施されている。また降下猟兵は橙のベレー帽を制帽として着用した。
航空軍及び防空軍(Luftstreitkräfte)
  • 将官(Generale):(blau)
  • 航空軍(Luftstreitkräfte):ライトブルー(hellblau)
  • 防空軍(Luftverteidigung):ライトグレー(hellgrau)
人民海軍(Volksmarine)
  • 海軍航空隊(Marineflieger):ライトブルー(hellblau)
  • 沿岸部隊(Küstenschutz):(weiß)
  • その他の海軍将兵:ダークブルー(dunkelblau)
民間防衛隊(Zivilverteidigung)
  • 一般将兵(将官を含む):ラズベリー色(malinorot)
国境警備隊(Grenztruppen)
  • 一般将兵(将官を含む):(grün)
  • 国境航空隊(Grenzflieger):航空軍と同様の制服を着用する。

内務省、国家保安省など編集

  • 兵営人民警察(Kasernierte Volkspolizei):兵営人民警察では赤軍に倣った制服を導入しており、兵科色も赤軍と同様のものであった。
  • 人民警察(Volkspolizei):ダークグリーン(dunkelgrün)
  • 人民警察ヘリコプター隊(Hubschrauberstaffeln der Volkspolizei):ライトブルー(hellblau)
  • 人民警察機動隊(Volkspolizei-Bereitschaf):ライトグリーン(hellgrün)
  • 鉄道警察(Transportpolizei):ダークブルー(dunkelblau)
  • 鉄道警察武装部門(Transportpolizei-Kompanien):ライトブルー(hellblau)
  • 刑務官(Strafvollzug):ライトグレー(hellgrau)
  • 消防官(Berufsfeuerwehr):ラズベリー色(malinorot)
  • 戦闘団(Kampfgruppen):不明
  • 国家保安省マルーン(bordeauxrot)

脚注編集

  1. ^ 現代の軍服とくに戦闘服において、兵科ごとに生地そのものの色を色分けするという発想はベレー帽にもっとも濃厚に残されている。
  2. ^ 兵科色を廃止した国の軍隊では、代わりにバッジを用いる場合がある。バッジには手榴弾戦車ハンドルをモチーフにしたものが多い。階級章と兵科シンボルが合体していたものもある。(中国人民解放軍の「五五式軍服」の襟章など。)

関連項目編集