メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記と異なる可能性があります。

典厩 五郎(てんきゅう ごろう、1939年9月16日 - )は、日本小説家。本名、宮下教雄[1]

東京都中野区出身。1963年立命館大学文学部哲学科卒業後、関西新聞文化部記者を経て、脚本家池上金男に師事する。コピーライター映画テレビドラマ脚本家などを経験。1987年「土壇場でハリー・ライム」で、第5回サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞した。2013年、『NAGASAKI 夢の王国』で第7回舟橋聖一文学賞を受賞。

主な作品編集

  • 「土壇場でハリー・ライム」(文藝春秋、1987年/文春文庫、1990年)
  • 「シオンの娘に告げよ」(立風書房、1988年)
  • 紫禁城の秘宝」(新人物往来社、1989年)
  • 「遙かなりカサブランカ」(立風書房、1989年)
  • 「修羅の旅びと」(文藝春秋、1990年)
  • 「炎帝の遺産」(双葉社、1990年)
  • 愛新覚羅家の遺産」(双葉社、1992年)
  • 「修羅場へ急げボギー」(毎日新聞社、1992年)
  • 土方歳三の遺産」(双葉社、1993年)
  • 「まほろばの城」(新人物往来社、1994年)
  • ロマノフ王朝の秘宝(上・下)」(ハヤカワ文庫JA、1995年)
  • 「八丁堀警視庁吉原大変」(双葉社、1995年)
  • 「張り子の虎」(新人物往来社、1996年)
  • マリリン・モンロー計画」(祥伝社、1997年)
  • 「故宮深秘録」(新人物往来社、1997年)
  • 真田幸村の逆襲 異説・大阪夏の陣」(PHP研究所、1997年/新装版、2009年)
  • 家康、封印された過去―なぜ、長男と正妻を抹殺したのか」(PHP研究所、1998年)
  • 「虎の遺産 山下将軍の金塊を追え」(祥伝社、1998年)
  • 「真相里見八犬伝 上・下」(新人物往来社、2000年)
  • 「町衆の城(上・下)」(新人物往来社、2001年)
  • 「陽炎の島」(毎日新聞社、2001年)
  • 「探偵大杉栄の正月」(早川書房、2003年)
  • 「NAGASAKI 夢の王国」(毎日新聞社、2013年)
  • 「かぶく 織田左馬助自由狼藉一代記」(毎日新聞社、2014年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.458