メインメニューを開く

兼重 元辰(かねしげ もととき)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将毛利家家臣、長州藩士。家格は物頭組、890石。父は兼重元続

 
兼重元辰
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 天正3年(1575年
死没 元和3年11月2日1617年11月29日
別名 通称:弥三郎→五郎兵衛尉
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 大江姓毛利氏庶流兼重家
父母 父:兼重元続、母:赤川元秀の娘
兄弟 元辰元可、女(照林坊室)、女(長屋就之室)、女(羽仁彦左衛門室)、女(楢崎元景室)、女(平佐就重室)
和智広世の娘
就継長屋就忠、女(天野就友室)

生涯編集

天正3年(1575年)、毛利家臣の兼重元続の子として生まれる。

慶長4年(1599年9月28日に父の元続から所領を譲与されたが、父に先立ち、元和3年(1617年11月2日に死去した。享年43。嫡男の就継が跡を継いだ。

参考文献編集