兼重 就継(かねしげ なりつぐ)は、江戸時代前期の長州藩士。家格は物頭組、590石。父は兼重元辰。妻は長府藩士・西清房の娘。

 
兼重就継
時代 江戸時代
生誕 慶長17年(1612年
死没 延宝元年3月5日1673年4月21日
改名 兼重勝内(幼名)→兼重就継
別名 采女正→五郎兵衛(官途名
主君 毛利秀就綱広
長州藩
氏族 大江姓毛利氏庶流兼重家
父母 父:兼重元辰、母:和智広世の娘
兄弟 就継長屋就忠、女(天野就友室)
西清房の娘
就宣露身、女(児玉就正室)、玄利
テンプレートを表示

生涯編集

慶長17年(1612年)、毛利氏家臣の兼重元辰の子として生まれたが、元辰は元和3年(1617年)に死去した。元和4年(1618年3月6日毛利秀就加冠により元服し、「就」の偏諱を与えられて就継と名乗る。

元辰の死後は祖父の元続が代わりを務めていたが病に伏せたため、元和6年(1620年5月28日に毛利輝元と秀就に願い出て許可を得、就継が15、16歳くらいになるまでは、元辰の弟の元可が役目を務めさせることとし、知行890石のうち300石を元可に分与した。なお、元続はその翌月に死去している。

元和10年(1624年3月3日に采女正、寛永6年(1629年7月7日には五郎兵衛の官途名を秀就から与えられた。秀就、綱広の2代に仕えた後、延宝元年(1673年3月5日に死去した。享年62。嫡男の就宣が跡を継いだ。

参考文献編集