兼重 貞宣(かねしげ さだのぶ)は、江戸時代前期の長州藩士。家格は物頭組、590石。父は兼重就宣

 
兼重貞宣
時代 江戸時代
生誕 寛文5年(1665年
死没 元禄13年4月20日1700年6月7日
改名 兼重千太郎(幼名)→兼重貞宣
別名 兼重定宣
通称:左兵衛、五郎兵衛
主君 毛利綱広吉就吉広
長州藩
氏族 大江姓毛利氏庶流兼重家
父母 父:兼重就宣、母:稲垣氏の娘
兄弟 貞宣児玉信貞
河野通政の娘
貞連
テンプレートを表示

生涯編集

寛文5年(1665年)に長州藩士の兼重就宣の子として生まれる。

毛利綱広吉就吉広の3代に仕え、元禄13年(1700年4月20日に死去した。享年36。子の貞連(源八、五郎兵衛)が跡を継いだ。

参考文献編集