内原野焼

内原野焼(うちはらのやき)は高知県安芸市にて焼かれる陶器。江戸末期に領主、後藤氏によって興った。原料の粘土マンガンを多く含むため、器肌が肌理細かい。また、黒や茶色の釉薬を用いるため、重厚な面持ちをしている。昭和に入ると、それまでの水瓶などの大物から徳利や花器など小物作りに転換、紆余曲折を経て現在に至っている。現在は4軒の窯元が存在する。