メインメニューを開く

内外情勢の回顧と展望(ないがいじょうせいのかいことてんぼう)は、法務省外局である公安調査庁が毎年12月に発表している、国内外の治安情勢をまとめた報告書である。

公安調査庁編集

概要編集

日本が抱える治安・安全保障上の問題について、国民に警鐘を鳴らすという目的を持った内容となっている。また、公安調査庁の活動については、その性質上、詳細が明らかにされることはないが、報告対象となっている事象から、その活動範囲を伺うことができる。

平成25年12月に公表された「内外情勢の回顧と展望」では、国外情勢としては、北朝鮮中国ロシア国際テロ、対日有害活動などが取り上げられており、国内情勢としては、オウム真理教(アーレフ)や過激派などが取り上げられている。

また、公安調査庁は、2年に一度、「国際テロリズム要覧」と呼ばれる資料を発表しているが、これは国際テロ問題をまとめた日本国政府機関で唯一の資料とされ、研究者からも評価が高い。「回顧と展望」「国際テロリズム要覧」共に書店での販売はされていないが、「回顧と展望」については、公安調査庁ウェブサイトから入手できる。

似たような名称の報告書に、外務省が公表している「国際情勢の回顧と展望」や警察庁警備局の「治安の回顧と展望」がある。

関連項目編集

外部リンク編集