メインメニューを開く

内田 正信(うちだ まさのぶ)は、江戸時代前期の旗本大名下総小見川藩主、のち下野鹿沼藩の初代藩主。小見川藩内田家初代。

 
内田 正信
時代 江戸時代前期
生誕 慶長18年(1613年
死没 慶安4年4月20日1651年6月8日
改名 権九郎(幼名)→正信
戒名 理明院殿光徳徹宗大居士
墓所 東京都台東区上野公園寛永寺現竜院
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
下総小見川藩主→下野鹿沼藩
氏族 内田氏
父母 父:内田正世、母:小川三益の娘
兄弟 正矩正信
正室:酒井直次の養女
新五郎、娘(高力一方室)、正衆、娘(岡部勝重室)、娘
テンプレートを表示

生涯編集

慶長18年(1613年)、800石の御納戸頭であった内田正世の次男として生まれる。寛永7年(1630年)から徳川家光の家臣として仕え、寛永12年(1635年)12月21日に奥小姓、寛永13年(1636年)6月4日に御手水番に任じられる。寛永14年(1637年)12月14日、相模国内で1000石を加増される。寛永15年(1638年)6月29日に叙任する。

寛永16年(1639年)11月10日、下総名取郡や常陸鹿島郡などで8200石を加増されて合計1万石の大名となり、小見川藩主となる。同時に御小姓組番頭となった。慶安2年(1649年)8月11日、下野国内で5000石を加増されて鹿沼藩主となり、御側出頭となる。慶安4年(1651年)4月20日、家光の死去に従って殉死した。享年39。跡を次男の正衆が継いだ。