メインメニューを開く

鹿沼藩(かぬまはん)は、下野国都賀郡鹿沼(現在の栃木県鹿沼市坂田山)に存在した。藩庁は鹿沼陣屋(旧鹿沼城の一部)。


藩史編集

正保4年(1647年)、第3代将軍徳川家光の小姓組番頭および若年寄であった朽木稙綱が、鹿沼において5千石を加増され、2万5千石の大名として鹿沼藩を立藩した。

慶安2年(1649年)に稙綱は常陸国土浦藩に移され、代わって同じく家光近臣で相模国下総国・常陸国などで1万石を領していた内田正信がさらに5千石加増され、1万5千石で鹿沼に転封となった。正信は慶安4年(1651年)の徳川家光の死去に伴って追腹(殉死)したため、跡を内田正衆が継いだ。寛文3年(1663年)、4代将軍徳川家綱日光東照宮参社に際し、陣屋の敷地に将軍の道中接待のための御成御殿を造営した。この御殿は将軍の道中の帰路、休憩に使われたが、その後は一度も使用されていない。

正衆が元禄12年(1699年)2月4日に死去した後は内田正偏が継いだ。正偏は享保9年(1724年)10月29日、狂気により妻女を傷つけた罪を咎められて蟄居処分となった。江戸で見初めた町人の妻を正偏が鹿沼に連れて帰り、それを追って尋ねてきた父子を無礼と下の者に斬り捨てさせ、それから狂気に走るようになったという伝承がある。

家督は長男の内田正親が継ぎ、1万石に減封の上で下総国小見川藩に移され、鹿沼藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

朽木家編集

譜代。2万5000石。

  1. 稙綱

内田家編集

譜代。1万5000石。

  1. 正信
  2. 正衆
  3. 正偏
  4. 正親