メインメニューを開く

内田 正衆(うちだ まさもろ)は、江戸時代大名下野鹿沼藩の第2代藩主。小見川藩内田家2代。

 
内田正衆
時代 江戸時代前期
生誕 正保2年(1645年
死没 元禄12年2月4日1699年3月5日
改名 長十郎(幼名)、正衆
戒名 快寿院殿真岸惣相大居士
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下、出羽
幕府 江戸幕府
下野国鹿沼藩
氏族 内田氏
父母 父:内田正信、母:酒井直次の養女
兄弟 新五郎正衆
正室:久世広之の娘
正勝正房(2男)、正長(3男)、
久世正広(4男)、正清、娘(水野勝長正室)、
娘(織田長清継室のち上田義隣継室)、
娘(小浜行隆正室のち松平直之継室)
テンプレートを表示

正保2年(1645年)、初代藩主・正信の次男として生まれる。長兄の新五郎が早世したために世子となり、慶安4年(1651年)に父が殉死したため、跡を継いで藩主となる。万治元年(1658年)閏12月27日に叙任する。元禄12年(1699年)2月4日に死去。享年55。跡を長男・正勝の長男である正偏が継いだ。