内藤 忠勝(ないとう ただかつ)は、志摩鳥羽藩の第3代藩主。第2代藩主内藤忠政の次男。

 
内藤忠勝
時代 江戸時代前期
生誕 明暦元年(1655年
死没 延宝8年6月27日1680年7月22日
別名 左兵衛(通称
官位 従五位下、和泉
幕府 江戸幕府
志摩鳥羽藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤忠政、母:板倉重宗の娘
兄弟 忠次波知忠勝忠知
正室:土井利直の娘
テンプレートを表示

生涯編集

家督相続編集

寛文11年(1671年)、兄の忠次が跡を継ぐことを固辞して(あるいは病気のため)廃嫡されたため、代わって嫡子となる。寛文13年(1673年)の父の死去により9月11日に跡を継ぎ、弟の忠知に2000石を分与した。

増上寺刃傷事件と切腹編集

延宝8年(1680年)、第4代将軍・徳川家綱の77日法要に際し、芝増上寺参詣口門の警備を命ぜられた。普段から忠勝と仲の悪かった永井尚長は出口勝手門の警備を命ぜられていたが、尚長は忠勝より上席にあるため忠勝を侮り、老中から受けた翌日の指示を記した奉書すら忠勝に見せず立ち去ろうとした[1]。忠勝は奉書を見せるように求めたが、尚長は無視したため、忠勝はこれを恨んで脇差を抜いて尚長に迫り、逃げる尚長の長袴を踏み、尚長が前のめりに転んだところを刺殺した(芝増上寺の刃傷事件[2]。この際、忠勝は遠山頼直(政亮)に拘束され、伊奈忠易の元に預けられた[3]

このため6月27日に忠勝は西久保の春龍寺にて切腹を命じられ、御家断絶とされた[4]享年26。

人物像と諸説編集

甥(姉・波知の子)の播磨赤穂藩主・浅野長矩は、21年後に同様の事件を起こして同じ末路をたどることになるが、これは内藤家の遺伝がそのまま長矩に受け継がれたのではないかとされている。忠勝も長矩も癇癪持ちで、しかも内藤家は精神病の家系だった。忠勝の兄の忠次が家督を辞退したのは精神障害だったためとも推測されており、忠勝にもその障害があったのではないかとされている[2]

ただし、これらの説はただの憶測なので注意が必要である。まず内藤家が精神病の家系、あるいはその様な振る舞いをしていたとする資料は現在のところ確認されていない。また、資料の乏しい忠勝はともかく長矩は短気だと様々な書物で評されているが、これは事件で有名になったために事件後に書かれたのものや信憑性に欠けているものが多く(浅野長矩のページも参照)、そのことが短気であることを否定するものではないが、どの程度短気だったのかも不明である。二度饗応役に命じられていることから生前は少なくとも問題視される程に短気や粗暴という評判ではなかったことが推測される。

また、忠勝の事件の場合、尚長は上席であってもあくまでも同じ地位であり、上記の話が本当だとすれば当時の武士としては切り掛かってもおかしくない無礼な仕打ちを受けたことに留意する必要がある(必ずしもそうするわけではないが、当時の武士としては売られた喧嘩は買わない方がむしろ恥とされる文化であるため、このような事件の場合は短慮だと非難される一方で同情されることもあるなど、事情によっては当時の世情は切り掛かった方が一方的に悪いとはならない)。長矩の方にいたっては取り調べすらされずに切腹を命じられたために完全に原因不明である(前述の事情から仮に喧嘩を売っていたとしたら吉良上野介も立場が決定的に悪くなるので潔白を主張することは当然の話であり、重要な資料の多門筆記もかなり後に書かれていて長矩・上野介双方の記述も鵜呑みにして良いものか多少怪しいことなどから、上野介の主張ですら事実かどうかは不明である)。 この様に、現在のところ精神障害だったから事件を起こしたという説の否定はできないが、精神障害だと決定づけることも難しい。

脚注編集

  1. ^ グループイストゥワールF2 2009, p. 23.
  2. ^ a b グループイストゥワールF2 2009, p. 24.
  3. ^ 常憲院殿御実紀』延宝八年六月二十六日条
  4. ^ 『常憲院殿御実紀』延宝八年六月二十七日条

参考文献編集

  • グループイストゥワールF2編 『江戸トンデモ殿さま列伝』 PHP研究所、2009年。