メインメニューを開く

内藤政憲

日本の江戸時代の大名、陸奥湯長谷藩の第14代藩主

内藤 政憲(ないとう まさのり)は、江戸時代末期の大名陸奥湯長谷藩の第14代(最後)の藩主。

 
内藤政憲
Naito Masanori.jpg
『武家華族名誉伝 下』
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 弘化5年2月17日1848年3月21日
死没 大正8年(1919年3月24日
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位、正五位、従四位、従三位
幕府 江戸幕府
陸奥国湯長谷藩
氏族 大炊御門家内藤氏
父母 父:大炊御門家孝
養父:谷衛滋、後に内藤政養
正室:丹羽長富の娘、継室:酒井忠哲の娘
政潔(長男)

略歴編集

弘化5年(1848年)、公家・大炊御門家孝の子として生まれる。はじめは谷衛滋の養子となっていたが、慶応4年(1868年)の戊辰戦争で湯長谷藩の先代藩主である内藤政養が新政府軍と敵対して強制隠居処分となったため、その養嗣子として明治2年(1869年)2月3日に跡を継いだ。同年6月23日の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免官された。明治14年(1881年)12月、隠居し、長男の政潔に家督を譲った。大正8年(1919年)に死去した。享年72。

脚注編集