メインメニューを開く

内藤 政養(ないとう まさやす)は、江戸時代大名陸奥湯長谷藩の第13代藩主。

 
内藤政養
Naitō Masayasu.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 安政4年7月7日1857年8月26日
死没 明治44年(1911年3月6日
改名 長寿麿(幼名)、政養
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位下、因幡守、正五位、従四位、
正四位、従三位
幕府 江戸幕府
陸奥国湯長谷藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤政恒、母:内藤政民の娘
養父:内藤政敏
正室:阿部正備の娘
娘(内藤政潔正室)、娘(堀内宗平室)
養嗣子:政憲

略歴編集

安政4年(1857年)7月7日、第11代藩主・政恒の三男として生まれる。幼名は長寿麿。政恒は政養が生まれる以前に養子の政敏を後継ぎにしていたため、兄2人の夭折の後に生まれた政養は政敏の養子となった。文久3年(1863年)8月19日、養父政敏の死去により家督を継いだ。

慶応4年(1868年)4月3日、新政府軍から会津攻撃支援の命令を受ける。しかし、同年5月、奥羽越列藩同盟に参加した。政養は12歳ながら、自ら戦場に立って奮戦したという。同年6月29日、新政府軍の攻撃により湯長谷陣屋を攻略される。政養は仙台城下に避難する。同年9月24日、新政府軍に降伏・謝罪を申し入れる。同年9月27日、新政府軍に降伏を認められて、謹慎を命じられる。同年10月10日、東京に移り、延岡藩邸に幽閉される。明治元年(1868年)12月7日、政養は新政府に抵抗したとして、養子の政憲家督を強制的に譲らされた上で隠居することとなり、所領も1000石削減の1万4000石に減らされた。明治2年(1869年)9月28日、謹慎をとかれる。

明治44年(1911年)3月6日に死去した。享年55。