丹羽 長富(にわ ながとみ)は、江戸時代後期の大名陸奥国二本松藩9代藩主。官位従四位下侍従左少将。丹羽家第10代。

 
丹羽長富
丹羽長富.jpg
丹羽長富
時代 江戸時代後期
生誕 享和3年8月27日1803年10月12日
死没 慶応2年7月3日1866年8月12日
官位 従五位下左京大夫従四位下侍従左少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
陸奥二本松藩
氏族 丹羽氏
父母 丹羽長祥、中村氏
有馬頼端娘・益
松尾氏、五味氏
長国稲葉正邦水野勝知、矩姫、
木下利恭正室、政姫、戸田氏良正室、
内藤政憲正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

8代藩主・丹羽長祥の長男。母は中村氏。

文化10年(1813年)11月19日、父・長祥の死去により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下左京大夫に叙任した。文政元年(1818年)12月16日、従四位下に昇進した。天保元年(1830年)12月16日、侍従に任官した。嘉永3年(1850年)12月16日、左少将に任官した。安政5年(1858年)10月11日、隠居し六男・長国に家督を譲った。慶応2年(1866年)7月3日、死去した。

系譜編集