内記良一(ないき りょういち、1933年-1994年7月7日[1])は、日本のアラビア語学者。

人物・来歴編集

京都市出身。大阪外国語大学アラビア語学科卒業。京都大学大学院文学研究科言語学専攻修士課程修了。東京外国語大学アラビア語学科助教授、教授を務めた[2]。在職中に死去。

編著書編集

  • 『アラビヤ語会話練習帳』編. 大学書林, 1979.10
  • 『アラビヤ語小辞典』編. 大学書林, 1980.11
  • 『基礎アラビヤ語』大学書林, 1983.1
  • 『アラビヤ語常用6000語』編. 大学書林, 1984.12
  • 『やさしいアラビヤ語読本』大学書林, 1986.9
  • 『くわしいアラビヤ語 語形と構文』大学書林, 1989.6
  • 『日本語-アラブ語辞典』編. 石波社, 1990.4
  • 『日本語アラビヤ語辞典』大学書林, 1999.1
  • 『日本語アラビヤ語辞典 ポケット版』大学書林, 2004.10
共編

脚注編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『日本語アラビヤ語辞典 ポケット版』