円通寺 (むつ市)

青森県むつ市にある寺院

円通寺(えんつうじ)は、青森県むつ市にある曹洞宗の寺院。山号は吉祥山。本尊は釈迦如来恐山菩提寺の本坊でもある。

円通寺えんつうじ
所在地 青森県むつ市新町4-11
山号 吉祥山
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦如来
法人番号 4420005006335 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

この寺は、1522年大永2年)、南部氏の援助により曹洞宗の僧聚覚によって創建され、1659年万治2年)に中興されている。明治維新におきた戊辰戦争のうち東北戦争で新政府軍に敗れた会津藩(23万石)が、1869年(明治2年)、五戸(ごのへ)に転封となり斗南藩(3万石)となったが、1871年(明治4年)に藩庁がこの寺に移されている。

戊辰戦争三十三回忌の明治33年(1900年)に招魂碑が建立された[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 、2013年、『歴史読本』(2013年7月号)、KADOKAWA pp. 135-136

関連項目編集