メインメニューを開く

円通寺(えんつうじ)は、岡山県倉敷市西部の玉島にある曹洞宗の寺院。山号は補陀落山。本尊は聖観音菩薩中国三十三観音霊場7番札所、山陽花の寺二十四か寺17番札所、備中国浅口三十三観音霊場一番札所、百八観音霊場第九番札所。

円通寺
Entsuji 13.JPG
境内
所在地 岡山県倉敷市玉島柏島451
位置 北緯34度32分28.22秒
東経133度39分46.42秒
山号 補陀落山
宗派 曹洞宗
本尊 聖観音菩薩
創建年 伝・奈良時代
開基 伝・行基
中興年 元禄11年(1698年
中興 徳翁良高
札所等 中国三十三観音7番
山陽花の寺17番
備中西国三十三所観音霊場21番
備中国浅口三十三観音1番
百八観音9番
文化財 境内(県史跡)
円通寺公園(県名勝)
青銅露座地蔵菩薩坐像(市文化財)
法人番号 5260005003851
テンプレートを表示

御詠歌:ひび一に まるいこころは えんつうじ みちびきたまえ ひとりゆくみち

目次

歴史編集

この寺の創建年代等については不詳であるが、奈良時代の僧行基によって開かれたと伝えられる。江戸時代に入り元禄11年(1698年)に徳翁良高禅師によって再興されて円通庵と号した。正徳年間(1711年1716年)現在の寺号となった。江戸時代後期には歌人としても知られる僧良寛1758年 - 1831年)がこの寺で20年ほど修行している。

文化財編集

  • 岡山県指定史跡
    • 円通寺境内
  • 岡山県指定名勝
  • 倉敷市指定文化財
    • 青銅露座地蔵菩薩坐像

所在地編集

  • 岡山県倉敷市玉島柏島451

アクセス編集

  • JR新倉敷駅からバス「玉島中央町バス停」徒歩10分

隣の札所編集

参考文献編集

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 137-138ページ
  • 現地説明板

外部リンク編集