処州(處州、しょしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の浙江省麗水市一帯に設置された。

概要編集

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、処州が置かれた。592年(開皇12年)、処州は括州と改められた[1]

779年大暦14年)、徳宗諱を避けるため、括州は処州と改称された。処州は江南東道に属し、麗水松陽縉雲青田遂昌竜泉の6県を管轄した[2]

のとき、処州は両浙路に属し、麗水・竜泉・松陽・遂昌・縉雲・青田の6県を管轄した。1197年慶元3年)、竜泉県松源郷に慶元県が置かれて、管轄県は7県となった[3]

1276年至元13年)、により処州は処州路総管府と改められた。処州路は江浙等処行中書省に属し、録事司と麗水・竜泉・松陽・遂昌・青田・縉雲・慶元の7県を管轄した[4]1359年朱元璋により処州路は安南府と改称された。まもなく安南府は処州府と改められた。

のとき、処州府は浙江省に属し、麗水・青田・縉雲・松陽・遂昌・竜泉・慶元・雲和宣平景寧の10県を管轄した[5]

のとき、処州府は浙江省に属し、麗水・青田・縉雲・松陽・遂昌・竜泉・慶元・雲和・宣平・景寧の10県を管轄した[6]

1912年中華民国により処州府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三
  3. ^ 宋史』地理志四
  4. ^ 元史』地理志五
  5. ^ 明史』地理志五
  6. ^ 清史稿』地理志十二