切り裂き魔ゴーレム』(きりさきまゴーレム、The Limehouse Golem)は2016年イギリスミステリ映画。監督はフアン・カルロス・メディナ、主演はビル・ナイが務めた。本作はピーター・アクロイド英語版1994年に発表した同名小説英語版を原作としている。

切り裂き魔ゴーレム
The Limehouse Golem
監督 フアン・カルロス・メディナ
脚本 ジェーン・ゴールドマン
原作 ピーター・アクロイド英語版
切り裂き魔ゴーレム英語版』(白水社
製作 スティーヴン・ウーリー英語版
エリザベス・カールセン英語版
ジョアンナ・ローリー
製作総指揮 ジェーン・ゴールドマン
トーステン・シューマッハー
ジギー・カマサ
ノーマン・メリー
ピーター・ハンプデン
ニッキー・ハッティング
クリストファー・サイモン
アン・シーアン
出演者 ビル・ナイ
オリヴィア・クック
ダグラス・ブース
ダニエル・メイズ
音楽 ヨハン・セーデルクヴィスト
撮影 サイモン・デニス
編集 ジャスティン・クリシュ
製作会社 ハンウェイ・フィルムズ英語版
ニュー・スパルタ・フィルムズ
リップリンク・プロダクションズ
ナンバー9・フィルムズ英語版
デイ・トリッパー・フィルムズ
インジーニアス・メディア
カッティング・エッジ・グループ
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
日本の旗 アットエンタテインメント
公開 イギリスの旗 2017年9月1日
日本の旗 2018年2月6日
上映時間 109分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 世界の旗 $2,174,568[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ヴィクトリア女王治世下のロンドン。ライムハウス地区で連続殺人事件が発生し、そこに住む人々は「ゴーレムを召還した者がいるに違いない」と震え上がっていた。警察はエリザベス・クリーを夫殺害容疑で逮捕すると共に、一連の猟奇殺人の犯人として告発しようとしていた。その頃、ジョン・キルデア刑事はエリザベスの夫、ジョンがゴーレムの召還に関与していた証拠を発見しており、エリザベスの無実を確信していた。

キルデアは図書館で犯人が残したと思われる落書きを発見した。犯行日にその本を閲覧したのは、ジョン・クリー、カール・マルクスジョージ・ギッシングダン・リーノ英語版の4人であった。キルデアは4人の中に犯人がいると確信し、彼らの筆跡のサンプルを採取しようとしたが、ジョンの筆跡だけは採取できなかった。その後、キルデアはエリザベスの裁判を傍聴しに行った。裁判中、検察官はエリザベスの悲惨な生い立ちを暴露した。彼女の母親は未婚のままエリザベスを出産してしまい、生活が困窮したため、エリザベスに裁縫の仕事をさせていたのだという。その話を聞いたキルデアは検察官のえげつなさに怒ると共に、「エリザベスを救わねばならない」という思いを一層強くするのだった。

キルデアは犯人の手掛かりを得るために、エリザベスの過去をもっと知る必要があると考え、彼女に直接話を聞くことにした。エリザベスは母親が亡くなった後、ダン・リーノと親しくなり、その流れで俳優の道に進むことになったのだという。ある日の舞台で、エリザベスは男装をしてパフォーマンスをしたところ、それが観客に大いに受け、一躍人気者になった。コメディエンヌとして人気を博したエリザベスだったが、舞台女優として活躍するための機会を窺っていた。そんな彼女の下に、劇作家のジョン・クリーが現れたのである。ジョンはほぼ無名だったが、新作舞台劇の主演にエリザベスを起用したいと申し出てきたのである。最初はその申し出を喜んでいたエリザベスだったが、ジョンが自分を口説こうとするのにはうんざりさせられた。

そんなある日、エリザベスは劇場の支配人にヌードになることを強要された。その話をジョンにしたところ「僕と結婚して欲しい。そうすれば君を守ってあげられる」と言われたため、エリザベスはやむなくジョンと結婚することになった。不思議なことに、劇場の支配人はそれから数日後に亡くなってしまった。そのため、ダンがその後継として支配人に就任することになった。エリザベスはその後も順調にキャリアを積み上げていったが、ジョンのキャリアはなおも停滞しており、家計はエリザベスが一人で支えている状態にあった。その結果、ジョンはエリザベスに嫉妬するようになり、メイドのアヴェリンと不倫するに至った。アヴェリンは元女優で、エリザベスをライバル視していたこともあった人物である。

エリザベスの死刑が執行される当日、キルデアはついにジョンが連続殺人犯であるという確たる証拠を発見した。ジョンの直筆原稿の筆跡と真犯人の筆跡が一致したのである。キルデアは「これでエリザベスを救える」と歓喜し、その証拠を彼女に見せたが、そこで思わぬ真実が明らかになった。

キャスト編集

製作編集

ジェーン・ゴールドマンは脚本家デビューを果たす前から、ピーター・アクロイドの小説『切り裂き魔ゴーレム』の映画化を検討していた[3]2015年4月17日、アラン・リックマン、オリヴィア・クック、ダグラス・ブースが本作に出演するとの報道があった[4]。しかし、リックマンは後にガンであることが判明し、治療に専念するために本作を降板することになった[5]。2016年8月17日、ヨハン・セーデルクヴィストが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[6]

本作は2016年1月に亡くなったリックマンに捧げられている[7]

公開・マーケティング編集

2016年9月10日、本作は第41回トロント国際映画祭でプレミア上映された[8]。2017年5月9日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[9]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには72件のレビューがあり、批評家支持率は74%、平均点は10点満点で6.4点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『切り裂き魔ゴーレム』は昔ながらのハマー・フィルム風ホラー映画であり、ヴィクトリア朝という時代の魅力を緻密に描写している。名優たちの演技も見事である。」となっている[10]。また、Metacriticには20件のレビューがあり、加重平均値は63/100となっている[11]

出典編集

  1. ^ 切り裂き魔ゴーレム”. 映画.com. 2019年2月1日閲覧。
  2. ^ The Limehouse Golem (2017)”. The Numbers. 2019年2月1日閲覧。
  3. ^ Interview: Screenwriter Jane Goldman on ‘The Limehouse Golem’”. ScreenCraft (2017年8月23日). 2019年2月1日閲覧。
  4. ^ Alan Rickman, Olivia Cooke And Douglas Booth To Star In ‘The Limehouse Golem’”. Deadline.com (2015年4月17日). 2019年2月1日閲覧。
  5. ^ Bill Nighy: I was proud to be considered for Alan Rickman's film part”. The Guardian (2016年9月11日). 2019年2月1日閲覧。
  6. ^ Johan Söderqvist Scoring ‘The Limehouse Golem’”. Film Music Reporter (2016年8月17日). 2019年2月1日閲覧。
  7. ^ Toronto: Producer Stephen Woolley Talks Dedicating 'Limehouse Golem' to Alan Rickman”. Hollywood Reporter (2016年9月9日). 2019年2月1日閲覧。
  8. ^ Toronto Film Festival 2016: Magnificent Seven, La La Land in lineup”. Entertainment Weekly (2016年7月26日). 2019年2月1日閲覧。
  9. ^ ‘The Limehouse Golem’ Trailer: Never Fear, Bill Nighy is on the Case”. /Film (2017年5月19日). 2019年2月1日閲覧。
  10. ^ The Limehouse Golem”. Rotten Tomatoes. 2019年2月1日閲覧。
  11. ^ The Limehouse Golem (2018)”. Metacritic. 2019年2月1日閲覧。

外部リンク編集