刈谷市役所(かりやしやくしょ)は、日本地方公共団体である刈谷市の執行機関としての事務を行う施設(役所)。同市東陽町1丁目1番地に所在する。旧庁舎は1954年昭和29年)に建てられたもので、愛知県内の市役所の庁舎としては2番目に古いとされていたが、耐震構造やバリアフリーの観点から新庁舎が建設され、2010年(平成22年)に移転開庁した。

刈谷市役所
Kariya City Hall 120912.jpg
情報
用途 刈谷市行政の中枢施設
設計者 日建設計名古屋オフィス
施工 鴻池角文特定建設工事共同企業体
建築主 刈谷市
構造形式 SRC造一部S造
建築面積 5,122.14 m²
延床面積 28,031.93 m²
階数 地上10階
着工 2008年10月
竣工 2010年9月
所在地 448-8501
愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
位置 北緯34度59分21.37秒 東経137度0分8.54秒 / 北緯34.9892694度 東経137.0023722度 / 34.9892694; 137.0023722座標: 北緯34度59分21.37秒 東経137度0分8.54秒 / 北緯34.9892694度 東経137.0023722度 / 34.9892694; 137.0023722
特記事項 建築詳細は鴻池組のHPを参照[1][2]
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1954年(昭和29年) - 旧・市庁舎が建設される。
  • 2010年(平成22年)10月12日 - 新・市庁舎が開庁する

交通手段編集

開庁時間編集

支所編集

 
富士松支所
  • 富士松支所 - 刈谷市役所の唯一の支所。同市今川町2丁目152番地に所在する。当地は旧・富士松村役場があった場所でもある。富士松市民センターと併設されている。

旧庁舎編集

 
1954年から2010年までの本庁舎。
背後に見えるのは建設中の新庁舎。
本庁舎[3]
  • 竣工:1954年(昭和29年)
  • 構造:RC造
  • 敷地面積:12,796.46m2
  • 建築面積:2,982.38m2
  • 延床面積:8,892.44m2
  • 階数:地下1階、地上4階
南庁舎[3]
  • 竣工:1981年(昭和56年)
  • 構造:RC造
  • 敷地面積:2,005.22m2
  • 建築面積:1,037.62m2
  • 延床面積:4,752.88m2
  • 階数:地下1階、地上5階

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集