メインメニューを開く

刑事クイン/妖術師の島』(原題: The Mighty Quinn)は、1989年アメリカ合衆国サスペンス映画A・H・Z・カーの小説『妖術師の島』が原作で、映画のタイトルはボブ・ディランの曲『Quinn the Eskimo (Mighty Quinn)』より。日本では劇場未公開、JSB(現:wowow)にて放映。

刑事クイン/妖術師の島
The Mighty Quinn
監督 カール・シェンケル
脚本 ハンプトン・ファンチャー
原作 A・H・Z・カー妖術師の島
製作 サンディ・リーバーソン
マリオン・ハント
エド・エルバート
出演者 デンゼル・ワシントン
ジェームズ・フォックス
ミミ・ロジャース
ロバート・タウンゼント
撮影 ジャクース・ステイン
編集 ジョン・ジンプソン
製作会社 A&M・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年2月16日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

カリブ海の小さな島の警察署長エグゼヴィア・クイン(デンゼル・ワシントン)は、少々変わり者であることから、島の住人達や、妻のローラ(シェリル・リー・ラルフ)からは、皮肉の意味を込めて "The Mighty Quinn(無敵のクイン様)" と 呼ばれていた。なぜなら、彼はFBIでの研修をパスするほど優秀であるにも関わらず、こんな小さな田舎に戻ってきたからだ。

ある日、平穏なこの島で殺人事件が起きる。高級リゾート・ホテル経営者ドナルド・ペイター(アレックス・コロン)が殺害されたのだ。クインは、部下のジャンプ・ジョーンズ(アート・エヴァンス)と共に現場に向かい調査を進めると、モウビー(ロバート・タウンゼント)というチンケな詐欺師の名前が浮き上がる。彼は、クインの幼馴染の親友だった。目撃者の証言では、モウビーが10,000ドル紙幣を運んでいたと言うが、モウビーは行方をくらまし、その紙幣も見つからなかった。

手がかりを捜すためクインは、モウビーの恋人のイソラ(タイラ・フェレル)に会いに行き、叔母で島の妖術師のウーブ・パール(エスター・ローレ)を紹介される。ウーブは、トマス・エルギン(ジェームス・フォックス)という男の妻ハドリー(ミミ・ロジャーズ)という女の行方を追えという。

妖術師に導かれ捜査を進めるクインであったが、この事件は大きな陰謀に包まれていたのだった・・・。

キャスト編集

撮影編集

映画のアウトドア・シーンは、ポートアントニオ、その他の主な部分はジャマイカの様々な場所で撮影が行われた。

評価編集

Rotten Tomatoesでは16のレビューの下、88%の支持を獲得し、高い評価を得た。『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは、デンゼルの演技を絶賛し、星4つの満点をつけている。

外部リンク編集