メインメニューを開く

初井 しづ枝(はつい しずえ、1900年(明治33年)10月29日 - 1976年(昭和51年)2月15日)は、日本の歌人兵庫県姫路市出身。

人物編集

兵庫県姫路市大黒町(現・大国壱丁町)に、薬種商井上又次・たねの三女として生まれる。本名しづ江。姫路高等女学校(現・兵庫県立姫路東高等学校)を卒業し、大阪道修薬学校(現・大阪薬科大学)に入学。薬剤師の検定試験を受けて合格。姫路に帰郷し、親戚の病院へ調剤の見習いに通う。その後、姫路高女時代から交際していた初井佐一と結婚(20歳)。歌誌『アララギ』の会員で短歌を作っていた夫に勧められて作歌を始め、北原白秋に師事。戦後は「桐の花短歌会」を結成し、『女人短歌』の創立に参加。その後は宮柊二主宰「コスモス」の主要同人となる。1971年、『冬至梅』で読売文学賞を受賞。

作風編集

透徹した硬質の歌風で戦後の歌壇に清新の気をもたらした。

著書編集

  • 『花麒麟』
  • 『藍の紋』白玉書房 コスモス叢書 1956
  • 『白露虫』白玉書房 1962
  • 『朱濤 桐の花短歌会合同歌集』編 やしま書房 1966
  • 『冬至梅 歌集』白玉書房 コスモス叢書 1970
  • 『歳月の四季』明石豆本らんぷの会 らんぷ叢書 1974
  • 『白萩小径』柏葉書院 コスモス叢書 1974
  • 『夏木立 歌集』白玉書房 コスモス叢書 1975

参考文献編集

  • 『おまえの道を進めばいい 播磨の文人たちの物語』安水稔和・ひめしん文化会