メインメニューを開く

初鹿駅(しょかえき)は台湾台東県卑南郷にあった台湾鉄路管理局台東線廃駅1982年の台東線拓寬計画(軌間を762mmのナローゲージから1,067mmの狭軌化する台東線改軌計画。東拓とも略する)の完成前は台東線は太平渓に沿ったルートで当駅はその旧ルート上にあった。

嘉豊駅
初鹿
チュールー
Chulu
嘉豊 (5.5km)
(3.9km) 東成
所在地 台湾台東県卑南郷初鹿村初鹿11鄰32号
駅番号 005
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 三等駅
旧名 北絲鬮、初鹿尾
種別 廃駅
所属路線 台東線(旧線)
キロ程 159.2km(花蓮港起点)
電報略号 ㄔㄌㄨ
駅構造 地上駅
開業年月日 1919年2月1日
廃止年月日 1982年6月27日
テンプレートを表示
初鹿駅
各種表記
繁体字 初鹿車站
簡体字 初鹿车站
拼音 Chūlù Chēzhàn
通用拼音 Chulù Chējhàn
注音符号 ㄔㄨ ㄌㄨˋ ㄐㄩ ㄓㄢˋ
発音: チュールー チャーヂャン
台湾語白話字 Chho-lo̍k Chhia-thâu
日本語漢音読み しょかえき
英文 Chulu Station
テンプレートを表示
本駅が記載された旧線時代の補助補價票

木造駅舎は初鹿国民小学と台9線の間にあったとされているが[1]、撤去されて公園になっており倉庫や宿舎の痕跡が僅かに確認できる程度[2][3](p50)

目次

駅周辺編集

歴史編集


隣の駅編集

台湾鉄路管理局
台東線(東拓前の旧線)
嘉豊駅 - 初鹿駅 - 東成駅

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)嘉豐站 舊稱稻葉 教育部2005網界博覽會/花蓮高級中學
  2. ^ (繁体字中国語)消失的鐵道 探訪舊線2 教育部2013網界博覽會/馬蘭國小
  3. ^ (繁体字中国語)古庭維、鄧志忠 (2010-08-11). 台灣舊鐵道散步地圖. ISBN 9789861774015. https://books.google.co.jp/books?id=KQSGDwAAQBAJ 2019年2月9日閲覧。. 
  4. ^ 臺東製糖株式會社鐵道卑南、新開園間ノ内卑南北絲鬮間運輸營業開始許可. 大蔵省印刷局. (1919-03-07). p. 107. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2954090/2 2019年2月9日閲覧。.  官報第1976号台湾総督府告示第17号 国立国会図書館
  5. ^ 臺東製糖株式會社鐵道北絲鬮里壠間運輸營業開始許可. 大蔵省印刷局. (1920-01-22). p. 392. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2954351/6 2019年2月9日閲覧。.  官報第2238号台湾総督府告示第185号
  6. ^ 臺東開拓株式會社鐵道臺東、池上間買收臺東里壠間運輸營業開始. 大蔵省印刷局. (1922-08-09). http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955125/4 2019年2月9日閲覧。.  官報第3007号台湾総督府告示第69号 国立国会図書館
  7. ^ (繁体字中国語)鄭仁崇 (2000-04). 臺灣後山鐵道風華. 花蓮県文化局. p. 257. ISBN ISBN 9570243422{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=022_001_00000673 2019年2月9日閲覧。. 
  8. ^ 台湾総督府報第3111号告示第252号 (1937年10月19日). “件名:臺東線停車場名中改正”. 2019年2月9日閲覧。 国史館台湾文献館
  9. ^ (繁体字中国語)東拓,新東鐵 2005-11-26,花蓮鉄道文化園区

外部リンク編集