別府 昭郎(べっぷ あきろう、1945年6月30日[1] - )は、日本の教育学者明治大学元教授。ドイツの大学史が専門。

来歴編集

宮崎県小林市生まれ。1968年広島大学教育学部教育学科卒業の後、1973年3月広島大学大学院教育学研究科博士課程(西洋教育史)で単位修得退学。1973年4月明治大学文学部助手。1975年専任講師、助教授を経て、1989年4月に文学部(教職課程)教授。1982-1983年ミュンヘン大学留学。学外においては、広島大学大学教育研究センター客員研究員、日本女子大学人間社会学部非常勤講師、名古屋大学大学院教育学研究科非常勤講師、上智大学文学部非常勤講師を歴任、学内においては、明治大学二部教務部長(現・副学長)、教職課程主任、明治大学大学史資料センター所長、明治大学体育会サッカー部部長(2002年〜2016年)を歴任。1999年「ドイツにおける大学教師の職階制成立史研究」で広島大教育学博士。2016年退職。

サッカー日本代表の長友佑都の指導も行った(正確にはサッカー部部長時代に同部に在籍していた)。

著書編集

  • 『ドイツにおける大学教授の誕生 職階制の成立を中心に』創文社 明治大学人文科学研究所叢書 1998
  • 『明治大学の誕生 創設の志と岸本辰雄』学文社 1999
  • 『学校教師になる』学文社 2005
  • 『大学教授の職業倫理』東信堂 2005
  • 『近代大学の揺籃 一八世紀ドイツ大学史研究』知泉書館 明治大学人文科学研究所叢書 2014
  • 『もうそうろく』私家版 2016

共編著編集

  • 『ドイツの教育 Die bildung in der Bundesrepublik Deutschland』天野正治,結城忠共編著 東信堂 1998
  • 『大学史をつくる 沿革史編纂必携』寺崎昌男,中野実共編著 東信堂 1999
  • 『大学の指導法 学生の自己発見のために』児玉善仁,川島啓二共編 東信堂 2004
  • 『教育実習64の質問』寺崎昌男,黒澤英典共監修 学文社 2009
  • 『〈大学〉再考 概念の受容と展開』編 知泉書館 2011 明治大学人文科学研究所叢書

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

参考編集