メインメニューを開く

前田 吉徳(まえだ よしのり)は、加賀藩の第5代藩主。加賀前田家6代。先代藩主前田綱紀の三男。母は側室の預玄院(町、三田村氏)。前田利常徳川頼房の曾孫にあたる。

 
前田 吉徳
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年8月8日1690年9月10日
死没 延享2年6月12日1745年7月11日
改名 勝丸、犬千代(幼名)→利挙(初名)→利興→吉治→吉徳
別名 又左衛門(通称)
戒名 護國院殿佛鑑法性大居士
墓所 石川県金沢市野田町の野田山墓地
官位 正四位下、左近衛権少将若狭守、加賀守、左近衛権中将、参議
主君 徳川吉宗
加賀藩
氏族 前田氏
父母 父:前田綱紀、母:町(三田村氏・預玄院)
兄弟 吉徳利章
正室:松姫徳川綱吉の養女・徳川綱誠女、光現院
宗辰重熙利和重靖重教利実治脩、喜代(浅野宗恒正室)、総(前田利幸正室)、楊(佐竹義真正室)、暢(酒井忠宜正室)

目次

生涯編集

元禄15年(1702年)2月14日、松平姓を与えられ、松平犬千代[1]、のち利挙(としたか)、利興(としおき)と称する[2]。また、同年6月9日に元服し、祖父・光高の従兄弟にあたる第5代将軍・徳川綱吉偏諱を授かって吉治(よしはる)に改名。宝永5年(1708年)、将軍綱吉の養女(尾張藩3代藩主徳川綱誠の娘)松姫を正室に迎える。享保8年(1723年)5月、父綱紀が高齢で病のためもあって、家督を譲られる。このとき名を吉治から吉徳と改め、6月15日に加賀守を称し、8月18日に左近衛権少将に昇進した[3]

吉徳も父と同じく藩政改革に取り組むため、足軽出身の大槻伝蔵を重用して改革を行なった(後の巷説では男色相手の寵臣ともいわれる)。この頃、加賀藩では綱紀の改革により家格はさらに上昇し(御三家に準ずる待遇)、国内においても藩政は安定していたが、100万石の大藩ともなると何事においても出費が大きかったので、綱紀の治世末期から吉徳が家督を継いだ頃には、藩財政の動揺は隠せないものとなっていた。

そこで伝蔵主導のもと、質素倹約、公費の節減、米相場に対する新投機方法の設置、新しい税の制定などの改革が行われた。この財政改革によって、確かに加賀藩の財政はある程度立ち直り、一部は成功した。この功績によって、伝蔵に対する吉徳の信任はさらに厚くなり、大槻はさらなる改革を目指して藩政を主導してゆくようになった。しかしこれに対して、改革による質素倹約などの制限や、成り上がり者に過ぎない伝蔵に対する嫉妬などが元で、藩内における保守派や門閥層の間に不満が集まるようになった。

延享2年(1745年)、吉徳は56歳で死去し、跡を嫡男の宗辰が継いだ。その翌年、伝蔵は前田直躬ら保守派によって失脚させられた。そして吉徳と伝蔵の改革が、皮肉にも後の加賀騒動の遠因となった。

吉徳は自身の死の5か月前に生まれた治脩まで10人の男子を残したが、宗辰(長男)は翌年に早世し、以後重熙(次男)、重靖(五男)、重教(七男)、治脩(十男)と都合5代にわたり、兄弟で相次いで家督が相続された。残る5人は早世した。

官歴編集

※日付=旧暦

  • 1702年元禄15)2月、藩世嗣となり、利興と名乗る。6月9日、元服し、将軍徳川綱吉偏諱を受けて吉治と名乗る。正四位下左近衛権少将兼若狭守に叙任。
  • 1723年享保8)5月6日、藩主となる。6月15日、加賀守に遷任する。左近衛権少将如元。8月18日、左近衛権中将に転任する。加賀守如元。
  • 1740年元文5)11月1日、参議に補任。11月16日、吉徳と改める。

家系編集

  • 正室:松姫徳川綱吉養女・徳川綱誠女、光現院)
  • 側室:浄珠院 以与(江戸浪人・上坂喜信女)
    • 長男:宗辰(1725年 - 1747年) - 加賀藩6代藩主
  • 側室:心鏡院 民(江戸芝神明宮神主・鏑木政幸女)
    • 次男:重熙(1729年 - 1753年) - 加賀藩7代藩主
    • 三男:稚光院(1731年 - 1731年)
  • 側室:清月院 瀧(江戸浪人・鈴木道一妹)
    • 長女:喜代姫(1732年 - 1750年) - 広島藩主浅野宗恒
  • 側室:真如院 貞(江戸芝神明宮神主・鏑木政幸女)
    • 次女:総姫(1733年 - 1758年) - 富山藩主前田利幸
    • 四男:利和(1735年 - 1759年)
    • 三女:楊姫(1737年 - 1762年) - 秋田藩主佐竹義真
    • 五女:益姫(1739年 - 1739年)
    • 六男:八十五郎(1741年 - 1761年)
  • 側室:善良院 縫(江戸浪人・奥泉金兵衛妹)
    • 五男:重靖(1735年 - 1753年) - 加賀藩8代藩主
  • 側室:蘭(江戸浪人・木村小左衛門女)
    • 六女:橘姫(1739年 - 1740年)
  • 側室:寿清院 夏(津藩藤堂家家臣・園田秀顕女)
    • 七女:暢姫(1740年 - 1798年) - 姫路藩嗣子酒井忠宜室、死別後離縁により帰家
    • 八女:保姫(1743年 - 1743年)
    • 十男:治脩(1745年 - 1810年) - 加賀藩10代藩主
  • 側室:実成院 流瀬(家臣・辻道直女)
    • 七男:重教(1741年 - 1786年) - 加賀藩9代藩主
  • 側室:智仙院 勢(江戸医者・畠山玉隆女、のち家臣大音厚固に嫁す)
    • 九男:利実(1743年 - 1766年)
  • 生母未詳
    • 四女:幻智院(1737夭折)
    • 八男:(1743年死産)
  • 実子以外

家臣編集

元文6年(1741年)の武鑑掲載の主要家臣は以下の通り。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、169 - 170頁。
  2. ^ 以下、『加賀藩史料』。『寛政重修諸家譜』。
  3. ^ 『前田綱紀』(人物叢書)200頁。