酒井 忠宜(さかい ただよし)は、江戸時代中期の播磨国姫路藩の世嗣。官位従四位下阿波守

 
酒井忠宜
時代 江戸時代中期
生誕 元文5年(1740年
死没 宝暦11年7月2日1761年8月2日
官位 従四位下阿波守
播磨姫路藩世嗣
氏族 酒井氏(雅楽頭家)
父母 酒井忠恭榊原政邦娘・考
兄弟 忠仰忠得忠宜忠温忠啓忠交
忠補、米姫、井伊直禔正室、清光院、
酒井忠節正室、本多忠奝正室、タキ、軽子
前田吉徳七女・暢姫
テンプレートを表示

略歴編集

姫路初代藩主・酒井忠恭の三男として誕生。母は榊原政邦の娘・考(孝子)。正室は前田吉徳の七女・暢姫。

忠恭が上野国前橋藩主だった時代に生まれる。宝暦5年(1755年)、忠恭の嫡子だった兄・忠得が早世したため、代わって嫡子となる。同年徳川家重御目見し、従四位下阿波守に叙任されたが、忠得と同様に家督を継ぐことなく宝暦11年(1761年)に22歳で死去した。

代わって、庶兄・忠仰が嫡子となった。