前田 安勝(まえだ やすかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将前田利家の実兄で家臣。

 
前田安勝
Maeda Yasukatsu.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳[1]
死没 文禄3年5月23日1594年7月11日
別名 五郎兵衛(通称
戒名 天翁道清居士
墓所 石川県七尾市長齢寺
主君 前田利家
氏族 前田氏
父母 父:前田利春
兄弟 利久利玄安勝利家佐脇良之秀継
利好青木信照室、前田利益
テンプレートを表示

生涯編集

尾張国荒子城主・前田利春の三男として誕生した。

永禄12年(1569年)、主君・織田信長の命で前田家の家督を継いでいた兄の前田利久が隠居し、弟の利家が家督を継ぐが、安勝が利家に仕えるのは利家が越前府中に城を構えてからであった。のちに七尾城代となり、知行1万3500石を有し、能登国支配を一任されるなど利家からの信頼は厚かった。

天正10年(1582年)に能登棚木城の反乱鎮圧や石動山合戦に従軍した。同11年(1583年)に能登小丸山城主となる。同12年(1584年)の末森城の戦いでの能登の守備などで戦功が著しい。利家が九州へ出陣の際には、物資の補給を担当した。

文禄3年(1594年)、死去。家督は子の利好が継いだ。

演じた人物編集

参考文献編集

  • 『前田一族』(別冊歴史読本95)新人物往来社、2001年。ISBN 4404027958

脚注編集

  1. ^ 弟である前田利家の生年が天文7年(西暦では1539年)、異説として天文5年(1536年)、天文6年(1537年)であり、それ以前。