メインメニューを開く

創挙蘭(そうきょらん)は、1987年写研が発売した、同社の写植、専用組版機用の書体およびフォント製品。

概要編集

ゴシック体同様、ほぼ均一の太さをもつエレメントにより構成されるが、全体に直線的で、曲がりやハネを画の先端付近でカーブさせた特徴的なデザイン書体。タイトル、見出しなどに使用例を見ることができる、

書体名に含む「蘭」は写研社内でデザインされたことを意味するが、もともと香港制作された繁体字の写植文字盤書体であったものに、日本仮名などを追加したうえで日本語書体として発売したため、漢字は香港、仮名は日本で制作されたことになる。なお、仮名のデザインは鈴木勉らが担当した。他の写研製書体同様、MacintoshWindowsに対応したDTPフォント製品としてはリリースされておらず、使用に際しては同社製の専用システムを要する。

同一コンセプトの書体編集

DTPの登場後にTrueTypePostScriptOpenTypeなどの汎用フォーマット発売されたダイナコムウェアの「綜藝体(そうげいたい)」は、創挙蘭に影響を受けた書体といわれ、共通したコンセプトを持つ書体のひとつとなっている。本書体と比較すると仮名のデザインに完成度の違いが見られるが、DTP対応の利便性から、グラフィックデザインエディトリアルデザインなどにおいて、創挙蘭と同コンセプトの見出し・タイトル用書体の選択肢として使用されている。

ファミリー構成編集

  • 創挙蘭L(L-LSR) - 1993年
  • 創挙蘭M(M-MSR) - 〃
  • 創挙蘭B(B-BSR) - 〃
  • 創挙蘭E(E-ESR) - 1987年
    ファミリー展開以前は「創挙蘭(ESR)」として販売