Macintosh

アメリカのコンピュータシリーズのひとつ

Macintosh(マッキントッシュ)、現在、Mac(マック)は、Appleが開発および販売を行っているパーソナルコンピュータである。

これは、1986年1月に発売されたMacintosh Plus。

概要編集

Macintoshは、Appleの創業者の一人、スティーブ・ジョブズの陣頭指揮のもとに開発された。ジョブズの思想や夢、感性が設計思想に盛り込まれ、直感的で視覚的な操作インタフェース、画面に表示される文字フォントの細やかさや美しさ、画面と印刷物に表示される図像の精度(特にWYSIWYGの実現)、筺体の美しさなどが重視されている(#歴史)。

このような特徴から、MacintoshはDTPの道を切り開き一般化させた。そのうえで、各時代のデザイン関連の先端のソフトウェアを動かせる(かつては唯一の)プラットフォームとなった。現在でもグラフィックデザインイラストレーションWebデザイン、書籍・雑誌などの組版業務で主流のプラットフォームである[要出典]

当初から、コンテンツ制作に有用なプラットフォームとして評価されている。デザインや組版に限らず、広く「表現」にかかわるアーティストの多くがプラットフォームにMacintoshを使用し高く評価した。[独自研究?]それにより、音楽(デジタルミュージックDAW)、映像(ノンリニア編集VFX)等でも使われ続けている。また、個人クリエイターだけでなく、Web系のIT企業でもコンテンツを作成する作業が多いため、多く採用されている[注 1]

21世紀には技術的な分野でも有用なプラットフォームとなっている。2001年にリリースされたMac OS X以降、Macintoshに搭載されているオペレーティングシステム (OS) は、公式なライセンスを受けた正統派のUNIXである。正統派UNIXであることにより、入手しやすい市販のコンピュータでありながら、UNIX・Linux系のソフトウェアが問題なく利用できるプラットフォームとして重宝されている[要出典]理学工学などの科学エンジニアリングの分野や、物理学天体物理学などの研究室で世界的に採用されている。アメリカ合衆国では初等教育から高等教育などでも広く採用されている。

歴史編集

1979年 - 1984年:開発編集

 
1981年当時のMacintoshの試作機(コンピュータ歴史博物館にて)

1970年代後半にMacintoshプロジェクトは始まった。1978年Appleに入社したジェフ・ラスキンは、「使いやすく、安価で、一般の消費者が手に入れられるコンピュータを作りたい」というアイデアを持っていた。1979年3月、Apple Computerの3人の創業者の1人であるマイク・マークラにアイデアを提示した。1979年9月、後者から許可を得て、数人を雇用してApple社内に開発チームを立ち上げた。このプロジェクトは、ラスキンの好きなリンゴであるマッキントッシュMcIntosh)にちなんで「Macintosh」と名付けられた。しかし、法律上の理由から、Hi-Fi機器のメーカーであるマッキントッシュ・ラボMcIntosh Laboratory)に近すぎるため、名前の綴りを変更しなければならなかった[1][2]。ラスキンは、このコンピュータのために考えたすべてのアイデアを『The Book of Macintosh』という本にまとめた[3]。試作機を作る技術者を探していたラスキンは、Apple Lisaプロジェクトのビル・アトキンソンの推薦で、Apple IIのメンテナンス部門に属していたバレル・スミスを採用した[4]。ラスキンは、Macintoshの成功の決め手となった2つの要素、Motorola 68000マイクロプロセッサマウスの使用に反対した。ラスキンの「Macintosh」の設計案は、現在知られる「Macintosh」とは、基本的なコンセプトが大きく異なっており、テキストベースのインターフェースを持つマシン(ラスキンがApple退社後に開発したキヤノン・キャットに似たマシン[5])として構想されていた[6][3]。ラスキンの思い描いていたコンピュータというのは低価格指向で、価格は1000ドル以下を想定し、それを実現するためにCPUは64キビオクテット以上のアドレスを指定できないMC6809(8ビットCPU)で済ませ、5インチディスプレイを備えたもので、インタフェースに関しても、テキストベースでありグラフィカルインターフェースを備えないもので、その後ジョブズが指揮をとり発売されることになったMacintoshとは別物である[7]。Apple Lisaのプログラムの進化に興味を持ったMacintosh開発チームの責任者バド・トリブルは、バレル・スミスにLisaのMC68000をMacintoshに搭載しながら、できるだけコストを抑えてみる提案をした。スミスは1980年12月、MC68000の周波数を5メガヘルツ(MHz)から8メガヘルツ(MHz)に上げながら、MC68000を内蔵する回路基板を設計して、この挑戦に挑んだ。この回路では、RAMチップの数が少なくて済むため、価格も安くなった。1984年に発売された最終モデルは、64キロバイト読み出し専用メモリと、64キロビットのチップを16個組み合わせた128キロバイトのRAMを搭載している。9インチの画面はモノクロで、512×342ピクセルを表示する仕様になっていた[8]

1980年末、当時Apple Computerの最高経営責任者(CEO)だったマイケル・スコットは、会社のリストラを進め、創業者の1人であるスティーブ・ジョブズはLisaプロジェクトからの離脱を余儀なくされる。1980年12月12日株式公開に向けて、スコットから代表として派遣されたが、経営者としての説得力はなかった。そこで、ジェフ・ラスキンのMacintoshプロジェクトに目を向けた。ジョブズは、Lisaプロジェクトから除外されたことへの復讐だと考えていた。ジョブズとラスキンは何度か対立しており、ラスキンはマウスを欲しがらず、逆にジョブズはマウスのないMacintoshを見たくないということで、マウスは意見が分かれた。スティーブ・ジョブズはこの対決で勝利を収めた。というのも、マウスはMacintoshとともにAppleに登場したからである。このような度重なる対立と2人のキャラクタの大きなエゴにより、1984年1月のMacintoshの正式発売の約2年前の1982年3月1日、ジェフ・ラスキンはMacintoshプロジェクトとApple Computerから正式に離脱した[9]アンディ・ハーツフェルドによると、現在世間で知られているMacintosh 128Kは、ジェフ・ラスキンが『The Book of Macintosh』の中で想像していたコンピュータとはほとんど関係がないという[3]。また、スティーブ・キャップスとの共著『Revolution in The Valley: The Insanely Great Story of How the Mac Was Made』では、スティーブ・ジョブズがジャン=ミシェル・フォロンを雇って、ブランドを代表するキャラクター「Mr. Macintosh」を作りたいと考えていたと述べている[10]

1984年:発売編集

 
Macintosh 128K:マウスとグラフィカルユーザインタフェースを使ったパーソナルコンピュータとして初めて商業的に成功した

1982年レジス・マッケンナはMacintoshのマーケティングと発売のために招聘された[11]。その後、レジス・マッケンナのチームには、ジェーン・アンダーソン、ケイティ・キャディガン、アンディ・カニンガムが加わり、最終的にはAppleを率いていた[12][13]。カニンガムとアンダーソンは、Macintoshの発売計画の主要な著者であった[14][15][16]。Mactintoshの発売は、「マルチプルエクスクルーシブ」、イベントマーケティング(ペプシからコンセプトを持ち込んだジョン・スカリー氏による)、製品の神秘性の演出、製品の制作過程の紹介など、今日のテクノロジー製品の発売に用いられるさまざまな戦術の先駆けとなった[17]

Lisaの発表後、1983年2月にジョン・ドボルザークがAppleで謎の「MacIntosh」プロジェクトがあるという噂を取り上げた。1983年10月にはカリフォルニア州フリーモントにあるAppleの工場で製造された「Macintosh 128K」が発表され、12月には18ページのパンフレットが各種雑誌に同梱されていた[18][19]。Macintoshは、150万米ドルのリドリー・スコットのテレビコマーシャル「1984」で紹介された。1984年1月22日に開催された第18回スーパーボウルの第3クォーターで放映されたこの広告は、現在では「分水嶺」「傑作」と評されている。マッケンナは、この広告を「Macそのものよりも成功している」と称した。「1984」では、コンピューター業界を支配しようとするIBM社の「適合性」から人類を救う手段として、無名のヒロインを使ってMacintosh(白いタンクトップピカソ風のコンピューターの絵が描かれていることで示される)の登場を表現した。この広告は、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』を引用したもので、テレビで放映される「ビッグ・ブラザー」に支配されるディストピア的な未来を描いている[20][21]

「1984」の放映から2日後の1月24日に発売された初代Macintoshには、そのインターフェースを見せるための「MacWrite」と「MacPaint」の2つのアプリケーションが同梱されていた。スティーブ・ジョブズの基調講演で初めて披露されたMacは、瞬く間に熱狂的な支持を集めたが、単なる「おもちゃ」との評価もあった[22]GUIを中心に設計されたOSであるため、既存のテキストモードやコマンド駆動のアプリケーションは、デザインを変更したり、プログラミングコードを書き換えたりする必要があった。これは時間のかかる作業であり、多くのソフトウェア開発者が敬遠したため、当初、新システム用のソフトウェアが不足していたとも考えられている。また、回復不能なシステムエラーが発生した時には爆弾マーク英語版が表示されるが、これは初代Macintoshから存在していた[23]。1984年4月にはマイクロソフト社の「Microsoft Multiplan」が、1985年1月には「Microsoft Word」がMS-DOSから移行してきた[24]1985年ロータス・ソフトウェアは、IBM PC用のLotus 1-2-3の成功を受けて、Macintosh用のLotus Jazzを発表したが、ほとんど失敗に終わった[25]。同年、Appleは「レミングス」という広告でMacintosh Officeスイートを発表した。この広告は、自社の潜在的な顧客を侮辱したことで有名だが、成功しなかった[26]

Appleは250万ドルを投じて、選挙後に発行されたニューズウィーク誌の39ページすべての広告を購入し、「Test Drive a Macintosh」というプロモーションを展開した[27]。このプロモーションでは、クレジットカードを持った購入希望者が24時間Macintoshを持ち帰り、その後ディーラーに返却することができた。20万人が参加した一方で、販売店はこのプロモーションを嫌い、需要に対してコンピュータの供給が不足し、多くのコンピュータが販売できないほど悪い状態で返却された。このマーケティングキャンペーンにより、最高経営責任者(CEO)のジョン・スカリーは価格を1,995ドルから2,495ドル(2020年の6,000ドル相当)に引き上げた[28][26]。それでも、この年の初めに出荷が開始されたIBM PCjrを上回る勢いで売れ、ある販売店では600台以上の注文が残っているという[29][30]。1984年4月には5万台のMacintoshを販売し、5月初旬には7万台、年末には25万台近くを販売したいと考えていた[31]

1984年 - 1990年:デスクトップパブリッシング編集

 
アップグレードが可能な初のコンパクトMacintosh、Macintosh SE

Apple IIの販売先は企業が中心だったが、IBM PCの登場により、中小企業や学校、一部の家庭がAppleの主要顧客となった[32]。ジョブズは、Macintoshの発表時に「MacintoshがApple II、IBM PCに次ぐ第3の業界標準になると期待している」と述べている。他のすべてのコンピュータを凌駕し、ある販売店が「最初の2,500ドルの衝動買い」と表現するほどの魅力を持っていたMacintoshだが、最初の1年間は、特にビジネスユーザの間で期待に応えられなかった。MacWriteMacPaintなど10種類ほどのアプリケーションしか普及していなかったが[33][29]、多くのApple以外のソフトウェア開発者が導入に参加し、ロータス、デジタルリサーチアシュトンテイトなど79社が新しいコンピュータのために製品を作っていることをAppleは約束した。それぞれのコンピュータが1年後には、ワープロ1つ、データベース2つ、表計算ソフト1つなど、Macintoshのソフトウェアの品揃えはPCの4分の1にも満たなかったが、Appleは28万台のMacintoshを販売したのに対し、IBMの初年度のPC販売台数は10万台にも満たなかった[34]。MacWriteがMacintoshに搭載されたことで、開発者は他のワープロソフトを作る意欲を失った[34]

Macintoshは、ソフトウェア開発者を熱狂させたが[29]グラフィカルユーザインタフェースを使用するソフトウェアの書き方を習得する必要があり[35]、また販売当初にはMacintoshのソフトウェアを書くためにLisa 2やUnixシステムが必要だった[36]Infocom社は、Macの発売に合わせて、バグの多い初期のOSを独自の最小限の起動可能なゲームプラットフォームに置き換え、唯一のサードパーティゲームを開発していた[37]。ソフトウェア開発にPascalを採用しているにもかかわらず、AppleはネイティブコードのPascalコンパイラをリリースしなかった。サードパーティ製のPascalコンパイラが登場するまでは、開発者は他の言語でソフトウェアを書きながら、「Inside Macintosh」と呼ばれるMacintoshのAPIマシンアーキテクチャを解説した開発者向けマニュアルを理解できる程度のPascalを習得しなければならなかった。

 
LaserWriter

Apple Macintoshとして発売されたMacintosh 128Kは、Apple Macintoshパーソナルコンピュータの原型である。ベージュ色の筐体に9インチ(23cm)のブラウン管モニターを搭載し、キーボードとマウスが付属していた。筐体の上部にはハンドルが内蔵されており、持ち運びが容易だった。これは、1984年にAppleが発表した象徴的なテレビ広告と同義であった。このモデルと同年9月に発売された512Kには、ハードプラスチックのカバーの内側にコアチームのサインが浮き彫りにされており、すぐにコレクターズアイテムとなった。

1985年、MacとAppleのLaserWriterプリンタ、そしてボストン・ソフトウェアのMacPublisherやAldusPageMakerなどのMac専用ソフトウェアの組み合わせにより、テキストやグラフィックを含むページレイアウトをデザイン、プレビュー、印刷できるようになり、これがDTP(デスクトップパブリッシング)として知られるようになった。当初、デスクトップパブリッシングはMacintosh専用だったが、やがて他のプラットフォームでも利用できるようになった[38]。その後、Aldus FreeHandQuarkXPressアドビPhotoshopIllustratorなどのアプリケーションが登場し、Macはグラフィックコンピュータとしての地位を確立し、デスクトップパブリッシング市場の拡大に貢献した[39]

1984年の初代MacintoshではOSや基本的なアプリケーションがすべてROMに収容されていたため、メモリやストレージの負担が小さく128キロバイトのメモリで多くの業務が可能であった。しかし一般的なアプリケーションではメモリが不足しており、フロッピーディスクをたびたび入れ替える必要があるなど実用性に問題があった[40]。Macintoshが実用に耐えるマシンとなったのは、512キロバイトのメモリを搭載して1984年10月に3,195ドルで発売された「Fat Mac」と呼ばれた改良版のMacintosh 512Kである[41][42][43]。2年後には、フロッピーディスクドライブは片面400キロバイトから両面800キロバイトのものになったMacintosh 512Keが発売された[44]

1986年1月10日、Appleは「Macintosh Plus」を2,600ドルで発売した。RAMの容量は1メガバイト(1,024キロバイト)で、ソケット式のRAMボードを使えば4メガバイトまで拡張できた。SCSIポートを装備し、ハードディスクやスキャナーなどの周辺機器を最大7台まで接続することができた。また、フロッピーディスクの容量も800キロバイトに拡張された。Macintosh Plusはすぐに成功を収め、1990年10月15日まで変わらず生産された。4年10か月強にわたって販売されたMac Plusは、2013年12月19日に発売された第2世代のMac Pro2018年9月18日にこの記録を上回るまで、Apple史上最も長寿のMacintoshであった[45][46]

1987年には20メガバイトのハードディスクを内蔵し1個の拡張スロットPDSを装備したMacintosh SEが2,900ドルで発売された(ハードディスク付きは3900ドル)[47][48][49]ジェリー・マノックとテリー・オヤマのオリジナルデザインを継承しつつ、スノーホワイトデザイン言語を採用したほか、数か月前にApple IIGSに搭載されたApple Desktop Bus(ADB)マウスとキーボードを採用していた。また、同年にAppleはモトローラの新技術を活用し、16メガヘルツMC68020プロセッサを搭載した「Macintosh II」を5500ドルで発売した[50][51]。主な改良点は、マシンの心臓部であるグラフィックス言語をカラー化し、あらゆるディスプレイサイズ、24ビットの色深度、マルチモニタに対応できるなど、さまざまに工夫されていた。NuBus拡張スロットを備えたオープンアーキテクチャ、カラーグラフィックスと外部モニタのサポートなど、Macintosh SE同様にスノーホワイトデザイン言語を採用したMacintosh IIは新しい方向性の始まりだった[52]。ハードディスクを内蔵し、ファン付きの電源を搭載していたため、当初は大きな音がしていた。あるサードパーティの開発者が、熱センサーでファンの回転数を調整する装置を販売したが、保証が無効になった[53]。その後のMacintoshでは、電源やハードディスクの静音化が図られた。

1987年、Appleはソフトウェア事業をクラリス社として独立させた。クラリスは、MacWrite、MacPaint、MacProjectなどのアプリケーションのコードと権利を与えられた。1980年代後半、クラリスはソフトウェアを刷新し、MacDraw Pro、MacWrite Pro、FileMaker Proなどの「Pro」シリーズを発表した。また、完全なオフィススイートを提供するために、Informixの表計算ソフト「Wingz」のMac版の権利を購入して「Claris Resolve」と改名し、新しいビジネス文書作成ソフト「クラリスインパクト(Claris Impact)」[54]を追加した。1990年代初頭には、クラリスのアプリケーションは消費者レベルのMacintoshの大半に搭載され、非常に高い人気を得ていた。1991年、クラリスはClarisWorksをリリースし、すぐに同社の2番目のベストセラーアプリケーションとなった。1998年にクラリスがAppleに再統合された際、ClarisWorksはバージョン5.0からAppleWorksと改称された[55]

1988年、Appleはマイクロソフトヒューレット・パッカードがAppleの著作権であるGUIを侵害しているとして、長方形で重なり合い、サイズ変更が可能なウィンドウを使用していることなどを理由に訴えた。4年後、この訴訟はAppleに不利な判決が下され、その後の控訴も同様だった。フリーソフトウェア財団は、AppleがGUIを独占しようとしていると感じ、7年間Macintosh用のGNUソフトウェアをボイコットした[56][57]

 
Apple初のバッテリ駆動のMacintosh、Macintosh Portable

同年にはモトローラのMC68030プロセッサを搭載したMacintosh IIxが登場したが、これはオンボードメモリ管理ユニットなどの内部改良が施されていた[58][59]1989年にはスロット数を減らしてよりコンパクトになったMacintosh IIcx[60]、16メガヘルツのMC68030を搭載したMacintosh SEのバージョンであるMacintosh SE/30が発売された[61][62]。同年末、持ち運び可能なバッテリーで駆動するMacintosh Portableを発表した[63]。また、25メガヘルツで動作するMacintosh IIciを発表し、Macとしては初めて「32ビットクリーン」を実現した。これにより、「32ビットダーティ」のROMを搭載していた従来の製品とは異なり、8メガバイト以上のRAMをネイティブにサポートすることができた[64][65]。System 7は、32ビットアドレスをサポートする最初のMacintosh用OSだった[66]。翌年には、9,900ドルからのMacintosh IIfxが発表された。40メガヘルツの高速プロセッサMC68030を搭載しただけでなく、メモリの高速化や入出力処理専用のApple II CPU(6502)を2個搭載するなど、内部のアーキテクチャを大幅に改善していた[67][68]

1990年 - 1998年:Appleの衰退編集

1990年5月に発売されたMicrosoft Windowsの第3弾、Windows 3.0は、MS-DOSをベースにしたグラフィカルなOSではあったが、高価なMacintoshと同等の機能と性能を備えた初めてのWindowsであった。当時、MacintoshはまだWindowsよりも優れていると考えられていたが、この時点でWindowsは「平均的なユーザにとっては十分な性能を持っていた」とされていた[69]。また、前年にジャン=ルイ・ガセーがMacの利益率を下げることを断固として拒否していたことも追い討ちをかけた。さらに、1989年には急激に拡大したパソコン業界を揺るがす部品不足が発生し、Apple USAの責任者であるアラン・ローレンは値下げを余儀なくされ、Appleの利益率は低下した[69]

 
Macintosh LC

これを受けて、Appleは1990年10月に比較的安価なMacを発売した。2001年初頭までは、Macintosh SEの廉価版であるMacintosh Classicが最も廉価なMacとして販売された[70]MC68020を搭載したMacintosh LCは、ピザ箱のような独特の筐体にカラーグラフィックを搭載し、512×384ピクセルの低価格カラーモニタを販売していた[71][72]。また、Macintosh IIsiは、20MHzのMC68030で、拡張スロットを1つ付けただけのものであった[73][74]。この3機種はいずれもよく売れたが[75]、Appleの利益率はそれまでの機種に比べてかなり低かった[70]

 
MC68HC000(16MHz)搭載したPowerBook 100

1991年には、32ビットに書き換えられたMacintoshシステム「System 7」が発売され、カラーグラフィックスの性能向上(Truecolor対応)、仮想メモリの導入、ネットワーク、協調マルチタスクの標準化などが行われた。また、この時期、Macintoshは「スノーホワイト」デザインから少しづつ脱却し、Frogdesignに支払っていた高額なコンサルティング料も払わなくなっていた。Appleは、1989年にロバート・ブルーナーを雇ってデザインを内製化を進め、彼はApple Industrial Design Groupを設立し、すべてのApple製品の新しいデザインを担当することになった[76]。同年10月にはMacintosh Classic II、Macintosh LC IIのほか、Appleの最上位機種であるMacintosh Quadra700、900)と、Macintosh Portableに比べて現在のノートパソコンに近いPowerBook100140170)の2つのコンピュータファミリーが発売された[77]ソニーがAppleのために開発・製造したPowerBook 100[78]と、Apple社内で開発されたPowerBook 140, 170は、キーボードスクリーンの下に配置し、トラックボールパームレストのためのスペースを確保するなど、後に標準となる斬新なデザインを採用している[79]

 
Power Macintosh 6100、7100とともにPowerPCを搭載した初のMacintoshであるPower Macintosh 8100

1993年、Appleはさらに広い市場を開拓するために、PerformaQuadraの間に位置し、その名の通りAppleの製品群の中心となるMacintosh Centrisを発売した。1994年に、Appleは新たな入力デバイスとして、PowerBook 500シリーズからトラックパッドへ移行した[80][81]。また、モトローラのMC680x0アーキテクチャの採用が中止され、1991年にApple、IBMモトローラの3社で結成されたAIM連合が設計したRISCアーキテクチャであるPowerPCが採用された。この新しいプロセッサファミリーは、Macintoshの新しいファミリーであるPower Macintosh(後にPower Macと略される)を生み出した。1995年1月、生産開始から1年も経たないうちに、Appleは100万台の販売を発表し、相対的な成功を示した[82]

しかし、このような努力にもかかわらず、インテルのマイクロプロセッサとMicrosoft Windowsシステムを搭載したPC互換機に押され、Appleのシェアはますます低下していった。この傾向は、新しいIntel Pentium搭載のコンピュータやWindows 95の発売により、ますます強まっていった。後者は、PCのマルチメディア機能を向上させ、WindowsのインターフェースをMacのシステムにどんどん近づけていった。これを受け、AppleはOSのライセンスプログラムを開始し、他社がSystem 7を搭載したコンピューターを販売できるようにした。これらのマシンは「クローン」と呼ばれている[83]。しかし、これらのクローンのシェアは、主にAppleのMacintoshのシェアを侵食しただけで、その目的は達成されなかった[84]

スティーブ・ジョブズの復帰直前の1997年5月に、Appleの20周年を記念し、12,000台の「Twentieth Anniversary Macintosh」が発売された[85]。しかし高価格に見合わない低性能で販売は、ふるわず大幅値下げで在庫処分された[86]。この機種は、当時PowerBookに搭載されていたようなフラットスクリーンを搭載しているのが特徴で、Appleのデスクトップパソコンとしては初の試みだった[87]

1997年7月、ジョブズがAppleで復権した後、廃止されたCoplandプロジェクトに代わって、System 7.7がMac OS 8と改称された。AppleはSystem 7のみをサードパーティメーカにライセンスしていたため、クローン製品の販売に終止符を打つことができた。

1998年 - 2005年:復活編集

 
復活の看板を掲げたiMac

1998年スティーブ・ジョブズが暫定最高経営責任者(iCEO)に復帰した後、Appleは新しいオールインワン・コンピュータ「iMac」を発売した。15インチのスクリーンとロジックボードは同じ半透明プラスチックケースに収められており、最初はボンダイブルーのみだったが、後に他のカラーバリエーションが追加された。他のMacintoshとは一線を画すデザインであることに加え、ADB端子SCSI端子シリアルポートが廃止され、2つのUSB端子が採用された。内蔵フロッピーディスクドライブもなくなり、リムーバブルメディアCD-ROMドライブになった。1998年8月15日に発売されてから年末まで、Appleは80万台以上を販売した[88]。この売上とPower Macintosh G3により、Appleは1995年以来の黒字を達成した[89]1999年には、ホワイトとブルーの半透明プラスチックケースのPower Macintosh G3 (Blue & White)と、新製品であるAppleのコンシューマ向けノートパソコン「iBook」が発売された。前年のiMacと同様、iBookも成功を収め、1999年の最終四半期にはアメリカで最も売れたノートパソコンとなった[90]。同年秋、AppleはPowerPC G4プロセッサを搭載したPower Mac G4の最初のバージョンを発売した[91]

iMacやiBookで様々な色を採用してきたAppleは、コンシューマー向けマシンでは白いポリカーボネートを採用した。2001年に発売された新しいiBook、2002年に発売されたiMac G4eMacは白いポリカーボネートを採用しているが、プロ向けのマシンには、PowerBook G4にはチタン合金Xserveにはアルミニウム合金というように、金属製のケースを採用した。

 
2003年に発売されたPower Mac G5は、Macintoshとしては初めてアルミ合金筐体を採用した

その後、PowerPC G4は、2003年PowerPC G5にその座を譲り[92]Power Mac G5、そして2004年のiMacに搭載された。PowerPC G5はエネルギー消費量と発熱量が多すぎ、Appleはノートパソコンに搭載できなかった[93]2005年1月、AppleはMac miniを発表した。これは、同社が販売するMacintoshの中で最も安価なもので、発売時の価格は499ドルだった[94][95]。Mac OS 8のリリース後、Mac OSは最終的に9.2.2までアップデートを続けた。バージョン8.1ではHFS+ファイルシステムのサポート、バージョン8.5ではPowerPCプロセッサのみへの対応、バージョン8.6ではナノカーネルの登場など、様々な改良が加えられた[96][97]。Coplandプロジェクトが頓挫したAppleは、1996年12月にNeXTを買収し、NEXTSTEPオペレーティングシステムを新しいMacintoshオペレーティングシステム「Mac OS X」のベースにすることにした。後者は、XNUカーネルに実装されたMachカーネルをベースにしており、どちらもNEXTSTEPで使用され、BSDからのコードで強化されてMac OS XのコアであるDarwinに含まれている。最初のパブリックベータ版は2000年9月に30ドルでリリースされ(日本語対応パブリックベータ版は同年10月に3,500円で販売[98])、新システムのプレビューや、バグの報告が可能となっていた[99]。Mac OS Xの最初のバージョンである10.0(コードネーム:Cheetah)は、2001年3月24日に発売された。前のバージョンのMac OS用に設計されたアプリケーションを実行するための、Classic環境が含まれる。その後、10.1 Puma(2001年)、10.2 Jaguar(2002年)、10.3 Panther(2003年)、10.4 Tiger(2005年)と次々とMac OS Xのメジャーアップデートをリリースし機能の充実を計った。

2005年 - 2011年:インテルへの移行編集

 
インテルへの移行を発表しているスティーブ・ジョブズ

2005年6月6日WWDCの基調講演において、1年後以降の消費電力あたりの性能向上が著しいことを理由に、2006年半ばよりCPUをPowerPCからインテルX86系のものへと順次切り替えていくとAppleより発表された[100][101]。これは、特に熱に弱いノートパソコン向けに、インテルの低消費電力チップ「Pentium M」と歩調を合わせ、同社のコンピュータをより現代的なものにするために行ったものである[102]

すべてのMacにインテル製のX86プロセッサが採用され、それに伴って一部のMacの名称が変更された[103]Mac OS X 10.6以下(10.7以降はサポート終了)のインテルベースのMacでは、PowerPC用に開発された既存のソフトウェアをRosettaという動的コード変換プログラムを使って動かすことが可能だったが[104]、ネイティブプログラムに比べて明らかに速度が遅かった。しかも、インテルのアーキテクチャでは、Classic環境を利用することができなかった。インテルMacの登場により、Virtual PCなどのエミュレーションソフトを使わずに、Appleのハードウェア上でMicrosoft Windowsをネイティブに動作させることが可能になった[105]2006年4月5日、Appleは、インテルベースのMacにWindows XPをインストールするためのソフトウェア「Boot Camp」のパブリックベータ版の提供を発表した。Mac OS X 10.5ではClassic環境が廃止され、Boot CampはインテルベースのMacの標準機能となった[106][107]

 
MacBook Air(2012年)

2006年以降、Appleのインダストリアルデザインアルミニウムにシフトし、初代MacBook Proの筐体にもアルミニウムが使用された。2008年には、MacBook Proの高精細ユニボディ化に伴い、ガラスが採用された。これらの素材は環境にやさしいとされている[108]。2022年現在、Mac Pro、iMac、MacBook Pro、MacBook AirMac miniの各シリーズは、すべてアルミニウム合金の塊から削り出したユニボディ筐体を採用している[109][110][111]。当時のチーフデザイナージョナサン・アイブは、ノートパソコンのバッテリ交換を廃止するなど、製品をミニマルでシンプルなものにした[112][113][114]。また、iPhoneで採用されているマルチタッチジェスチャーをMacでも採用し、ノートパソコンではマルチタッチトラックパッドデスクトップパソコンではMagic MouseMagic Trackpadを採用している。これにより、3本指や4本指などでの操作もできるよう改良され、スクロールのほか、画像の拡大・縮小や回転、Exposéの利用やアプリケーションの切り替えなどの機能が追加された[115]

2011年2月24日、Appleは、インテルと共同開発した新しいI/OインターフェースであるThunderbolt(コードネーム:Light Peak)を採用したコンピュータを初めて市場に投入した。Mini DisplayPortと同じ物理インターフェースを採用し、同規格との下位互換性を持つThunderboltは、双方向で10Gbit/sの転送速度を誇る[116]

2015年、IBMが自社に最大20万台のMacを順次導入すると発表し、Mac@IBMプログラムで自社へ大規模導入した経験[117][118] を元にAppleとの提携の一環として、IBM Managed Mobility Services for Mac[119] を開始した。日本でも2016年5月より開始している[120][121]

2016年 - 2020年:品質の欠如から改善編集

第4世代のMacBook Proは、2016年10月に開催されたApple Special Eventで発表されたもので、デザインの薄型化、ヘッドフォンジャックを除くすべてのポートがUSB Type-Cポートに変更され、MacBookに搭載されていたバタフライキーボードP3広色域ディスプレイ、そしてMacBook Proの一部モデルでファンクションキーEscキーに代わるタッチスクリーンの有機ELディスプレイ「Touch Bar」が搭載され、使用するアプリケーションに応じて変化・適応するUIが採用された。また、Touch Bar搭載モデルでは、電源ボタンをTouch IDセンサーに置き換えた。Apple T1チップも搭載しており、インテルのCPUを採用したまま、アーキテクチャは刷新され、Touch BarやTouch IDを含むハードウェアを制御しセキュリティを司るbridgeOSが採用されている[122][123]。発売後の評価は賛否両論だった[124][125]。また、USB-Cポートは、多くのユーザ、特にMacBook Proのプロフェッショナル層にとって不満の種となっており、USB Type-AやSDメモリーカードを接続するためのアダプタなどを購入する必要があった。

数か月後、MacBookおよびMacBook Proに搭載されているバタフライキーボードが動作しなくなるという報告が多くのユーザから寄せられた。この問題は、キーボードの下に砂や食べかすなどの小さな異物やほこりが入り込み、キーボードが詰まってしまったため、Apple Storeまたは正規サービスセンターに持ち込んで修理してもらうことになった[126]

 
Mac Pro(2013年)

2013年Mac Proがアップデートを受けることなく数年が経過した後、マーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラーとソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ2017年に現行のMac Proが期待に応えられていないことを認めた[127]iMac Proは、WWDC2017でジョン・ターナスによって、 最大18コアのIntel XeonプロセッサとRadeon Pro Vega GPUを搭載して発表された[128]。次世代Mac Proが登場するまでのプロユーザ向けの応急処置という側面もあった[129]

2018年、Appleはより高速なプロセッサと第3世代のバタフライキーボードを搭載したMacBook Proを更新し、同年に発売されたRetinaディスプレイ搭載のMacBook Airのデザインを一新して、埃や小さな物体の侵入を防ぐシリコンガスケットを追加し、影響を受けたキーボードを無償で修理するプログラムを開始したが、ユーザは引き続きキーボード問題に悩まされていた[130]

2019年のMacBook ProとMacBook Airの刷新では、いずれもバタフライキーボードが廃止され、Appleが「Magic Keyboard」と呼ぶ、2016年以前のMacBookで採用されていたシザースイッチ機構の改良版に変更された[131]。また、Touch BarとTouch IDがすべてのMacBook Proに標準装備され、Touch ID・電源ボタンが分離されてより右側に移動し、Escキーも物理的になりTouch Barから切り離された[132]WWDC2019で、ハードウェアエンジニアリング担当副社長のジョン・ターナスが発表した新しいMac Proは、従来の円筒形デザインよりも前のMac Proに近いように見えるが全く新しい設計の筐体デザインで、Apple独自のカスタムデザインのPCI Express拡張スロット「MPX Module」によるアップグレード性が格段に向上しており、AMDグラフィックスカードなどの標準的なPCI Expressも動作する仕様になった[133][134]。ほとんどの部品がユーザによる交換が可能で、iFixitによる修理可能性の評価は9/10となっている[135]。レビューでは、モジュール化やアップグレード性、静音性などが評価され、前世代のMac Proに不満を持っていたプロの要望にも応えていると評価された[136]。」

2020年 - 現在:Appleシリコンへの移行編集

2018年4月、ブルームバーグは、Appleがインテル製プロセッサの搭載を中止し、同社のiPhoneに使われているようなARMプロセッサに置き換えるつもりであるとする噂を掲載し、インテルの株価は6%下落した。この噂についてコメントしたザ・ヴァージは、インテルがラインナップの大幅な改善に失敗しており、ARMチップとバッテリ駆動時間で競争できないことから、このような決定は理にかなっていると述べた[137][138]

2020年6月22日WWDCの基調講演において、AppleはMacに搭載するCPUを今まで採用してきたインテル製のものからARMアーキテクチャをベースにした自社設計のAppleシリコンSoC)に今後2年間で切り替えると発表した[139][140]。2005年に発表されたPowerPCからインテルへの移行時と同様に、Appleシリコンを搭載したMacは、Rosetta 2と呼ばれる動的コード変換プログラムを使用し、インテル用に設計されたソフトウェアを実行することが可能になっている[141]。Appleは、開発者に対し、1年後に返却することを条件にDeveloper Transition Kit(DTK)を500ドルで提供した[142]。DTKは、iPad ProA12Z Bionicチップを搭載したMac miniで、ARMアーキテクチャ搭載の次期Macにアプリケーションを最適化するためのものだった[143]

2020年11月10日Appleシリコンを搭載して出荷する最初のMacとして、MacBook AirMac mini、13インチMacBook Proを発表した[144]。いずれも、これまでAppleが製造してきたどのAシリーズプロセッサよりも高速で、4つの高性能コアと4つの低電力コアを備えたカスタムデザインのApple M1SoC)を搭載し、MacBook Airでは7コアのGPUオプション、Airのより高価なモデルでは8コアのGPUを搭載し、ProとMiniでは標準装備となっている[145]。さらに、16コアのニューラルエンジンを搭載し、機械学習のパフォーマンスが最大11倍に向上していると発表された。これらのチップは電力消費量が大幅に少ないため、MacBook Pro 13インチのバッテリ駆動時間は最大20時間となっている。発売されてからの評価は非常に好評で、ほとんどのレビュアーが「前世代で使われていたインテルのチップよりも、バッテリ駆動時間が長く、発熱がずっと少なく、ずっと速い」と評価している。また、Rosetta 2は、ほとんどのインテル製アプリケーションで動作し、パフォーマンスの低下もさほどなく、WindowsやマイクロソフトのSurface Pro Xよりも高速なパフォーマンスと採用を実現したと評価されている[146][147][148]

2021年4月20日、7つの新色とApple M1チップを搭載した新しい24インチiMacが発表された。筐体全体が100%再生アルミニウム合金製となり、11.5mmの薄さになった。スクリーンは21.5インチサイズから24インチの4.5K Retinaディスプレイにアップグレードされ、画面の縁がより薄くなった[149][150]

2021年10月19日、Appleの新型SoCであるApple M1 ProApple M1 Maxを搭載した新しい14インチと16インチのMacBook Proが発表された。2020年発売のApple M1搭載13インチMacBook Proは据え置きになり、新たなラインナップとして14インチが追加された。プロセッサがアップデートされ、ディスプレイがミニLEDバックライトでHDR対応となり、画面がProMotionに対応するなど、さまざまな変更点があった。

2022年3月9日、Apple M1 Maxの隠されていた機能である「UltraFusion」を使った別のApple M1 Maxへの接続[151]により新型SoCであるApple M1 UltraもしくはApple M1 Maxを搭載した新しいMac Studioが発表された[152]。Ⅿ1 UltraによりCPUの性能は16コアIntel Xeonを搭載しているMac Proよりも5.3倍の処理性能を持つ[153]。さらに同イベント内で新しいMacディスプレイのStudio Displayも発表された[154]

機種編集

歴代機種編集

iPadApple WatchiPhoneiPodApple NewtonApple IIMacBookMacBookMacBook AirMacBook ProPowerBook G4PowerBook G4#アルミニウムPowerBook G4PowerBook G4PowerBook G3PowerBook G3PowerBookiBookPowerBook 500シリーズPowerBook 2400cPowerBookPowerBook DuoMacintosh PortableXserveMac ProXservePower Macintosh G3 (Blue %26 White)Power Mac G4 CubeTwentieth Anniversary MacintoshPower MacintoshMacintosh QuadraMacintosh XLApple LisaMac miniiMac ProiMac (インテルベース)Mac minieMaciMac G5Macintosh TVMacintosh Color ClassiciMacMacintosh ClassicMacintosh SE/30PerformaMacintosh SE FDHDMacintosh PlusMacintosh SEMacintosh 512KMacintosh 128KUnified Extensible Firmware InterfaceOld World ROM

</noinclude>

現行機種一覧編集

PowerPC G3搭載機の発売以降、機種の絞り込みが続いており、デスクトップとノートブックにそれぞれ上位機種と下位機種を1機種ずつ(合計4機種)提供することが基本になっている。2019年7月時点ではデスクトップ4機種とノートブック2機種(合計6機種)に集約されている。

2020年12月時点で販売されている機種は、インテル製のマルチコアプロセッサ及びAppleの独自開発SoCAppleシリコン)が搭載された機種となっている。macOSがインストールされており、インテル製プロセッサを搭載するMacに限り、別売りのWindowsなど他のOSをインストールすれば、切り替えて利用することが可能になっている。また、Appleシリコン搭載機種でもARM向けにビルドしたMicrosoft Windows 10Microsoft Windows 11を動作させることは技術的に可能であるが、現時点でマイクロソフトはARM向けWindows 10のライセンス供給はプリインストールPCのみとしており、ライセンス上は使用不可[155]。Appleの関係者はマイクロソフト次第としている[156]

MacBook Air MacBook Pro
   
13.3インチ
Apple M1
13インチ、14インチ、16インチ
Apple M1(13インチのみ)、M1 Pro, M1 Max
iMac (インテルベース) iMac (Appleシリコンベース) Mac mini Mac Studio Mac Pro
         
オールインワン型
27インチ (5K)
Intel Core i5, i7, i9
オールインワン型
24インチ (4.5K)
Apple M1
小型デスクトップ
Apple M1 / Intel Core i5, i7
ワークステーション
Apple M1 Max, M1 Ultra
拡張型ワークステーション
Intel Xeon W

ハードウェア編集

Appleは、フォックスコンやPegatronなどのアジアの相手先商標製品メーカにハードウェアの製造を委託し、最終製品に対する高度なコントロールを維持している[157]。対照的に、マイクロソフトを含む他の多くの企業は、デルHP Inc.ヒューレット・パッカードコンパックレノボなど、さまざまなサードパーティが製造するハードウェア上で実行可能なソフトウェアを作成している。そのため、Macintoshの購入者は、マイクロソフトの購入者と比較して、選択肢は比較的少ないものの、優れた統合性を有している。

現行のMac製品群のほとんどは、Appleが設計したAppleシリコンが採用されている。Mac ProとiMac 27インチモデルのみ、Intel X86-64プロセッサを採用したものが残されている。Appleは、10年前のMC68000アーキテクチャからの移行時と同様に、PowerPCチップからの移行時にもRosettaと呼ばれる動的コード変換プログラムを導入した。Macintoshは、新しいCPU設計への移行を成功させた唯一のメインストリームコンピュータプラットフォームであり、その移行は2度にわたって行われた[158]。現行のすべてのMacモデルには、最低8ギガバイトRAMが標準で搭載されており、Appleが設計したGPUが内蔵されている。かつてのMacには、AppleがSuperDriveと呼ぶ、DVD/CDの2つの機能を持つ光学メディアドライブが搭載されていたが、現在SuperDriveを内蔵したMacを出荷していない。現在のMacには、USBThunderboltの2つの標準的なデータ転送ポートが搭載されている。また、MacBook Pro、iMac、MacBook Air、Mac miniには、Appleによれば最大で毎秒40ギガビットの速度でデータを転送できるThunderbolt 4ポートが搭載されている[159]。USBは1998年のiMac G3に搭載され[160]、当時FireWireは主にハードディスクやビデオカメラなどの高性能な機器に限られていた。2005年10月に発売されたiMac G5を皮切りに、iSightカメラを内蔵したモデルや、Apple Remoteやキーボードで操作してコンピュータに保存されているメディアを閲覧できるFront Row機能を搭載したモデルなどがある。しかし、2011年現在、Front Rowは廃止され、Apple Remoteも新しいMacには同梱されていない[161][162]

 
初期のADBワンボタンマウス

Appleは当初、複数のボタンやスクロールホイールを備えたマウスの採用には消極的であり、ワンボタンマウスは、Macintosh独特のインターフェースとして知られていた[163][164][165]。1984年に初代Macintoshに搭載されたワンボタンマウスは、Macの「使いやすさ」を実現するための中心的存在だった[166]2001年Mac OS Xが登場するまで、Macはサードパーティ製であっても複数のボタンを持つポインティングデバイスをネイティブにサポートしていなかった[167]。2005年8月にMighty Mouseを発売するまで、Appleはワンボタンマウスのみを販売していた。Mighty Mouseは機械的には従来のワンボタンマウスのように1つのボタンがマウス全体を覆ったような形をしているが、実際には「副クリック」を含む4つのボタンと、X軸とY軸を独立して動かすことができるスクロールボールを備えていた[6]2006年7月にはBluetooth対応の無線タイプも発売された[6]2009年10月、Appleは物理的なスクロールホイールやボールの代わりに、iPhoneと同様のマルチタッチジェスチャー認識を採用した無線タイプのみのMagic Mouseを発表した[168]。有線タイプのMighty MouseはApple Mouseとして再ブランド化し、2017年に製造中止になるまで代替品として販売されていた。また、2010年以降、AppleはMacintoshのデスクトップパソコンをノートパソコンと同様の方法で操作する手段としてMagic Trackpadを販売している[169]

ソフトウェア編集

初代Macintoshは、コマンドラインを使わないグラフィカルユーザインタフェースを採用した最初の成功したパーソナルコンピュータである。デスクトップメタファーと呼ばれる、書類やゴミ箱などの現実世界のオブジェクトをアイコンとして画面に表示する方式を採用している。1984年に初代Macintoshとともに登場したシステムソフトウェアは、1997年に「Mac OS」と改称され、バージョン9.2.2まで進化を続けてきたが、現在ではClassic Mac OSとして知られている。日本市場では「漢字Talk」と呼ばれていた。過去にAppleは、A/UXMkLinuxなどのOSも開発していた[170][171]。また、Apple製以外ではBeOSBSDなどが実行できた[172][173]

インテル搭載のMacが発売された後、Parallels DesktopVMware FusionVirtualBoxなどのサードパーティ製プラットフォーム仮想化ソフトウェアが登場した。これらのソフトウェアは、Microsoft Windowsや従来のWindows専用ソフトウェアを、ネイティブに近い速度でMac上で動作させることができる。また、Windows XPVista7810をインストールし、Mac OS XとWindowsをネイティブにデュアルブートするためのBoot CampやMac専用Windowsドライバーもリリースされた。Boot Campやその他の仮想化のワークアラウンドを使って、Linuxを実行することも可能である[174][175]

Mac OS Xはバージョン10.9で「OS X」と改称された。バージョン10.12以降、OS Xは「macOS」となり、AppleのOS(iOStvOSwatchOS)の名称を統一することにした。また、2001年から続いたバージョン10.xシリーズ(Mac OS X CheetahからmacOS Catalina)は2020年に終止符が打たれ、同年にバージョン11(macOS Big Sur)、翌年にはバージョン12(macOS Monterey)とバージョン数のパターンが変更された[176]

マーケティング編集

1970年代から1980年代前半にかけて、コンピュータ関連の広告は、ほとんどインサイダー(アーリーアダプタなど)、企業、政府、大学などの視聴者に向けたものだった。IBMのPCと同様に、Appleは「1984」のCMを、視聴者数が9,000万人を超える米国最大のテレビイベント「第18回スーパーボウル」にて放送するなど、大規模なキャンペーンを展開し、初代Macintoshを一般の人々に広めた[177]1984年に成功したAppleは、翌年にもMacintosh Officeの広告である「レミングス」を放送したが、これは潜在的な購入者を不満にしたため失敗に終わった[178]。Macintoshの広告が再びスーパーボウルに現れたのは、1999年HALがデイビットにMacintoshはY2K問題フリーだと発表してからだった。このような広告に加え、AppleはMacintosh PlusPerformaQuadra、さらにはPowerBookなど、より一般的な広告を報道機関で行っている[179]。後者については、新聞やテレビで「What's on your PowerBook」というスローガンを掲げたキャンペーンが行われている。Microsoft Windows 95が発売されると、Appleはこれに対抗し、マイクロソフトのシステムを否定するキャンペーンを行った。プレスリリースに掲載されたAppleの広告には、「想像してみてください、書類を捨てても戻せるゴミ箱付きのデスクトップを!」と書かれていた[注 2][180]。この機能は、11年前に発売されたMacintoshに搭載されていたものである。テレビ広告でも同じような内容のものが放送された。ある講演者が、Windows 95でプレゼンテーションを開始するのは不可能だと突きつけられ、観客からは理解しにくいコードの行を指摘される。簡単に使えるパソコンを探しているなら、解決策は一つしかないというナレーションが流れ、会場から「Macintoshを買おう!(Buy a Macintosh!)」という声が聞こえるという内容だった[181]

スティーブ・ジョブズ最高経営責任者に復帰した直後の1997年、Appleは「Think different」キャンペーンを展開し、1990年代半ばの会社の衰退によって損なわれたイメージを回復させようとした。CM、都市部でのポスター、プレス広告などを加えたこのキャンペーンは成功し、1998年には広告部門で初のエミー賞を受賞した。「Think Different」は、2002年に「Switch」キャンペーンに引き継がれるまで、Appleのスローガンとなった。「Switch」キャンペーンでは、Macintoshに「乗り換えた」一般ユーザーが、PCの問題点を語っていた[182]。Appleは2006年から「Get a Mac」キャンペーンを実施し、Macintoshの普及に努めてきた。この広告には、Mac OS X(現macOS)とWindowsを搭載したマシンを擬人化した「Mac」と「PC」というキャラクタが登場しており、主人公2人の短い議論を通して、Macintoshの長所とライバル(Windows)の短所が強調されている[183][184]

従来の広告に加えて、Appleはカンファレンスを開催し、Macintoshをはじめとする新製品の発表とプロモーションを行っている。これらの会議は、Macworld Conference & Expo、Apple Expo、Worldwide Developers Conferenceなどの展示会の枠組みの中で、あるいはApple Eventと呼ばれるシンプルな記者会見の中で開催されていた[185]。基調講演は、スティーブ・ジョブズが復帰してから2011年10月5日に逝去した後も、聴衆の前で行われることが多く、その様子は全てではないがインターネットで中継されている。

影響編集

Macintoshは、マット・グローニングが制作した『フューチュラマ』や『ザ・シンプソンズ』などのアニメシリーズの制作者にも影響を与えており、いくつかのエピソードに登場するコンピュータは、Macintoshの特定のモデルに大きく影響を受けている[186]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 反面、日本システムインテグレーターではWindowsが主流である。
  2. ^ 原文:Introducing Windows 95. It has a trash you can open and take things back out of again. Imagine that.

出典編集

  1. ^ アイザックソン(2011)p.181
  2. ^ Recollections of the Macintosh project”. 2011年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月13日閲覧。
  3. ^ a b c Folklore.org: The Father Of The Macintosh”. Folklore. アンディ・ハーツフェルド. 2021年6月13日閲覧。
  4. ^ Linzmayer, Owen W. 『Apple confidential 2.0 : the definitive history of the world's most colorful company』、Owen W. Linzmayer([Rev. 2nd ed.]版)No Starch Press、San Francisco, Calif.、2004年、88頁。ISBN 1-59327-010-0OCLC 52821221https://www.worldcat.org/oclc/52821221 
  5. ^ Canon's Cat Computer: The Real Macintosh”. www.landsnail.com. 2022年2月1日閲覧。
  6. ^ a b c アップル、ワイヤレスのMighty Mouseを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月23日閲覧。
  7. ^ ジェフ・ラスキンは、それ以前にAppleでApple IおよびApple IIマニュアル取扱説明書)の作成を行っていた際、技術用語や命令口調の排除、カラー写真および画像の多用、背綴じでなくリングを使った綴じ方を採用しユーザが操作をしながら参照し易いようにする、などの配慮を怠らなかった。これらは当時のコンピュータ業界では新しい試みで、NASAの宇宙開発プロジェクトからヒントを得たとされている(注:リングで綴じたマニュアルは、NASAのアポロ計画で採用された宇宙飛行士向けのマニュアルに倣ったものである。)。彼は、これらマニュアルデザインの方向性、および「Macintosh」という親しみやすい名称を思いついた、という点においては、発売後のMacintoshにも「一種の足跡を残した」と 言える。(マニュアルも、リング綴じは廃止されてしまった。)プロジェクトチームを立ち上げたにもかかわらず、チームをジョブズに「のっとられて」しまった。
  8. ^ Folklore.org: Five Different Macintoshes”. Folklore. アンディ・ハーツフェルド. 2021年6月13日閲覧。
  9. ^ Linzmayer, Owen W. 『Apple confidential 2.0 : the definitive history of the world's most colorful company』、Owen W. Linzmayer([Rev. 2nd ed.]版)No Starch Press、San Francisco, Calif.、2004年、94頁。ISBN 1-59327-010-0OCLC 52821221https://www.worldcat.org/oclc/52821221 
  10. ^ The Story of Mister Macintosh” (英語). Apple Gazette (2012年8月29日). 2021年6月13日閲覧。
  11. ^ McKenna, Regis 『Relationship marketing : successful strategies for the age of the customer』Addison-Wesley Pub. Co、Reading, Mass.、1991年、192-193頁。ISBN 0-201-56769-5OCLC 23973518https://www.worldcat.org/oclc/23973518 
  12. ^ Folklore.org: Can We Keep The Skies Safe?”. Folklore. 2021年6月15日閲覧。
  13. ^ Facebook (1985年8月4日). “Regis McKenna: The P.R. Guru of Silicon Valley : Clout With High-Tech Firms and Press Is Great, but Some Are Disenchanted” (英語). Los Angeles Times. 2021年6月15日閲覧。
  14. ^ Cunningham, Andy. “Macintosh Product Introduction Plan”. Technology and Culture in Silicon Valley. スタンフォード大学. 2015年4月19日閲覧。
  15. ^ Marinaccio, Wendy. “Andy Cunningham on the Macintosh Introduction”. Technology and Culture in Silicon Valley. スタンフォード大学. 2015年4月19日閲覧。
  16. ^ Ghosh, Shona (2015年6月24日). “Steve Jobs' marketing maven on smashing the silicon ceiling”. Marketing. 2015年6月24日閲覧。
  17. ^ Marinaccio, Wendy. “Cunningham on the Influence of the Macintosh Launch”. Technology and Culture in Silicon Valley. スタンフォード大学. 2015年4月19日閲覧。
  18. ^ Apple Macintosh 18 Page Brochure”. DigiBarn Computer Museum. 2006年4月24日閲覧。
  19. ^ Dennis, Rob (2011年12月30日). “Fremont mayor Bob Wasserman dead at 77”. The Argus (Fremont). http://www.insidebayarea.com/news/ci_19641994 2012年1月21日閲覧。 
  20. ^ Cellini, Adelia (2004年1月). “The Story Behind Apple's '1984' TV commercial: Big Brother at 20”. Macworld 21.1、18頁. オリジナルの2009年6月28日時点におけるアーカイブ。. http://arquivo.pt/wayback/20090628133757/http://findarticles.com/p/articles/mi_hb197/is_200401/ai_n5556112 2008年5月9日閲覧。 
  21. ^ “Jan. 22, 1984: Dawn of the Mac” (英語). WIRED. (2007年1月22日). ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2007/01/jan-22-1984-dawn-of-the-mac/ 2021年6月15日閲覧。 
  22. ^ “We're All Mac Users Now” (英語). WIRED. (2004年1月6日). ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2004/01/were-all-mac-users-now/ 2021年6月15日閲覧。 
  23. ^ 中原晃司、梶浦正規著 『マッキントッシュ礼賛』株式会社カットシステム、1997年6月1日、110頁。ISBN 4-906391-45-1 
  24. ^ Polsson, Ken. “Chronology of Apple Computer Personal Computers”. 2009年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月19日閲覧。
  25. ^ Beamer, Scott (January 13, 1992). “For Lotus, third time's the charm”. MacWEEK. http://www.accessmylibrary.com/article-1G1-11721498/lotus-third-time-charm.html 2010年6月23日閲覧。. 
  26. ^ a b Apple’s Worst Business Decisions – OSnews”. OS News. 2021年6月15日閲覧。
  27. ^ GUIdebook > ... > Mac OS > Macintosh advertisement”. GUIdebook, ニューズウィーク. 2021年6月15日閲覧。
  28. ^ Apple unveils a Macintosh”. Spokesman-Review, AP通信. 2021年6月15日閲覧。
  29. ^ a b c “Clipped From The Cincinnati Enquirer”. The Cincinnati Enquirer: pp. 17. (1984年3月28日). https://www.newspapers.com/clip/31276226/the-cincinnati-enquirer/ 2021年6月15日閲覧。 
  30. ^ McCarroll, Thomas; Michael Moritz; Philip Elmer-DeWitt (1984年4月2日). “The Peanut Meets the Mac”. Time. オリジナルの2008年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080609012541/http://www.time.com/time/magazine/article/0%2C9171%2C954205%2C00.html 2011年2月23日閲覧。 
  31. ^ Hayes, Thomas C. (1984年4月24日). “APPLE IS BANKING ON NEW PORTABLE: THE IIC COMPUTER” (英語). ニューヨーク・タイムズ. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1984/04/24/business/apple-is-banking-on-new-portable-the-iic-computer.html 2021年6月15日閲覧。 
  32. ^ Mace, Scott (1984年4月9日). “Apple IIe Sales Surge as IIc is Readied”. InfoWorld: pp. 54–55. https://books.google.com/books?id=jC4EAAAAMBAJ&pg=PA54 2015年2月4日閲覧。 
  33. ^ Bartimo, Jim (1985年2月25日). “Macintosh: Success And Disappointment”. InfoWorld: pp. 30. https://books.google.com/books?id=6C4EAAAAMBAJ&pg=PA30 2015年1月27日閲覧。 
  34. ^ a b Inc, InfoWorld Media Group(英語) 『Macintosh Vs. IBM PC At One Year』InfoWorld Media Group, Inc.、1985年1月7日、16-17頁https://books.google.com/books?id=-i4EAAAAMBAJ&pg=PA15 
  35. ^ Watt, Peggy; McGeever, Christine (1985年1月14日). “Macintosh Vs. IBM PC At One Year”. InfoWorld: pp. 16–17. https://books.google.com/books?id=-i4EAAAAMBAJ&pg=PA15 2014年12月28日閲覧。 
  36. ^ da Cruz, Frank (11 June 1984). "Macintosh Kermit No-Progress Report". Info-Kermit Digest (Mailing list). Kermit Project, Columbia University. 2016年2月24日閲覧
  37. ^ Maher, Jimmy (2013年3月20日). “The Top of its Game”. The Digital Antiquarian. 2014年7月10日閲覧。
  38. ^ Spring, Michael B. (1991). Electronic printing and publishing: the document processing revolution. CRC Press. pp. 125–126. ISBN 978-0-8247-8544-4. https://books.google.com/books?id=_MV46vFUrI4C&pg=PA125 
  39. ^ How Adobe Became a Successful $95 Billion SaaS Company” (英語). Product Habits (2018年1月15日). 2021年7月6日閲覧。
  40. ^ Apple Macintosh M0001 128K upgraded to 512K - Computer - Computing History”. Centre for Computing History. 2021年7月2日閲覧。
  41. ^ Macintosh 512K: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  42. ^ Macintosh 512k Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  43. ^ Apple Macintosh 512k - Computer - Computing History”. Centre for Computing History. 2021年7月2日閲覧。
  44. ^ Macintosh 512Ke: Technical Specifications”. Apple. 2021年7月2日閲覧。
  45. ^ Macintosh Plus: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  46. ^ Macintosh Plus (ED) Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  47. ^ Macintosh SE: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  48. ^ Macintosh SE Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  49. ^ Apple Macintosh SE - Computer - Computing History”. Centre for Computing History. 2021年7月2日閲覧。
  50. ^ Macintosh II: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  51. ^ Macintosh II (Original) Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  52. ^ ASCII. “祝 Macintosh 30周年!! セパレート&カラーMacの元祖Macintosh II|Mac” (日本語). 週刊アスキー. 2021年7月2日閲覧。
  53. ^ Macintosh II Family: Fan Regulator Voids Warranty”. Apple (1992年7月2日). 2007年12月23日閲覧。
  54. ^ クラリス”. web.archive.org (1997年12月10日). 2021年10月3日閲覧。
  55. ^ Hearm, Bob (2003年). “A Brief History of ClarisWorks”. MIT Project on Mathematics and Computation. 2007年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月24日閲覧。
  56. ^ Free Software Foundation (June 11, 1988). “Special Report: Apple's New Look and Feel”. GNU's Bulletin 1 (5). https://www.gnu.org/bulletins/bull5.html#SEC9 2006年4月25日閲覧。. 
  57. ^ Free Software Foundation (January 1995). “End of Apple Boycott”. GNU's Bulletin 1 (18). https://www.gnu.org/bulletins/bull18.html#SEC13 2006年4月25日閲覧。. 
  58. ^ Macintosh IIx: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  59. ^ Macintosh IIx Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  60. ^ Macintosh IIcx Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  61. ^ Macintosh SE/30: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  62. ^ Macintosh SE/30 Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  63. ^ The Misunderstood Macintosh Portable”. lowendmac.com. 2021年6月23日閲覧。
  64. ^ Macintosh IIci: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  65. ^ Macintosh IIci Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  66. ^ 32-bit Addressing on Older Macs” (英語). Low End Mac (2015年12月26日). 2021年6月20日閲覧。
  67. ^ Macintosh IIfx: Technical Specifications”. Appleサポート. Apple. 2021年6月20日閲覧。
  68. ^ Macintosh IIfx Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月20日閲覧。
  69. ^ a b Michael Spindler: The Peter Principle at Apple” (英語). Low End Mac (2013年8月18日). 2021年6月21日閲覧。
  70. ^ a b Fisher, Lawrence M. (1990年10月15日). “Less-Costly Apple Line To Be Presented Today”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0CEFD9163CF936A25753C1A966958260 2008年1月16日閲覧。 
  71. ^ Macintosh LC: Technical Specifications”. support.apple.com. 2021年6月21日閲覧。
  72. ^ Macintosh LC (Original) Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月21日閲覧。
  73. ^ Macintosh IIsi: Technical Specifications”. support.apple.com. 2021年6月21日閲覧。
  74. ^ Macintosh IIsi Specs: EveryMac.com”. everymac.com. 2021年6月21日閲覧。
  75. ^ Fisher, Lawrence M. (1991年1月18日). “I.B.M. Surprises Wall Street With Strong Quarterly Net; Apple Posts 20.6% Rise”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9D0CE2DA163BF93BA25752C0A967958260 2008年1月16日閲覧。 
  76. ^ Kunkel, Paul 『AppleDesign: The work of the Apple Industrial Design Group』、Rick English (photographs)Graphis Inc.、New York City、1997年10月1日。ISBN 1-888001-25-9https://archive.org/details/DTCA3DOC-230_industrial_design 
  77. ^ 1991: Classic II, First Quadras, and First PowerBooks” (英語). Low End Mac (1991年12月31日). 2021年6月21日閲覧。
  78. ^ PowerBook 100” (英語). Low End Mac (1991年10月21日). 2021年6月21日閲覧。
  79. ^ pbzone.com - This website is for sale! - pbzone Resources and Information.”. www.pbzone.com. 2021年6月21日閲覧。
  80. ^ タッチパネル技術の最新動向を追う” (日本語). EDN Japan. 2021年6月30日閲覧。
  81. ^ ITジャーナリスト・林信行とAppleのノートパソコン史を振り返る。” (日本語). Pen Online (2020年6月1日). 2021年6月30日閲覧。
  82. ^ 1995: Clones, the Worst Macs, Pippin, PCI Slots, and CPU Daughter Cards” (英語). Low End Mac (1995年12月31日). 2021年6月21日閲覧。
  83. ^ Guillaume, Denis, Didier, Ergo et. “Apple : le retour des clones” (フランス語). Mac4Ever. 2021年6月21日閲覧。
  84. ^ Kanellos, Michael. “Clone sales ding Apple” (英語). CNET. 2021年6月21日閲覧。
  85. ^ The Mac Observer - This Week in Apple History - July 18-24: Last 68k Mac, OS 8, Be”. www.macobserver.com. 2021年6月21日閲覧。
  86. ^ Nast, Condé (2011年8月29日). “ジョブズが葬ったアップル製品5選” (日本語). WIRED.jp. 2022年2月1日閲覧。
  87. ^ 20th Anniversary Mac” (英語). Low End Mac (1997年3月20日). 2021年6月21日閲覧。
  88. ^ 800,000 iMacs Sold in First 139 Days”. Apple. 2010年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  89. ^ Markoff, John (1998年10月15日). “COMPANY REPORTS; Apple's First Annual Profit Since 1995” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1998/10/15/business/company-reports-apple-s-first-annual-profit-since-1995.html 2021年6月21日閲覧。 
  90. ^ Apple - Media & Analyst Information - Press Releases”. Apple. 2004年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  91. ^ Yikes! Power Mac G4” (英語). Low End Mac (1999年8月31日). 2021年6月21日閲覧。
  92. ^ 2003: First OS X Only Macs, iBook G4, Power Mac G5, iMac G5, and Mac OS X 10.3”. lowendmac.com. 2021年6月22日閲覧。
  93. ^ CPUs: PowerPC G5” (英語). Low End Mac (2015年11月10日). 2021年6月22日閲覧。
  94. ^ Markoff, John; Hansell, Saul (2005年1月12日). “Apple Changes Course With Low-Priced Mac”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/01/12/technology/12apple.html 2006年1月16日閲覧。 
  95. ^ “Apple unveils low-cost 'Mac mini'”. BBC News. (2005年1月11日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/technology/4162009.stm 2010年4月28日閲覧。 
  96. ^ 1998: Good-bye Newton; Hello OS 8.1, WallStreet, and iMac” (英語). Low End Mac (1998年12月31日). 2021年6月22日閲覧。
  97. ^ Low End Mac Archive for May 10”. Low End Mac. 2021年6月22日閲覧。
  98. ^ Mac OS X Public Betaの販売がApple Storeでスタート”. pc.watch.impress.co.jp. 2022年2月1日閲覧。
  99. ^ 2000: Pismo, the Cube, Dual Processor G4s, Slot-load iMacs, and New iBooks”. Low End Mac. 2021年6月22日閲覧。
  100. ^ ASCII.jp (2005年6月7日). “【WWDC2005基調講演 Vol.3】ジョブズがアップルについて語ったこと──インテル移行計画”. 2010年11月3日閲覧。
  101. ^ Apple to Use Intel Microprocessors Beginning in 2006”. Apple (2005年6月6日). 2010年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月14日閲覧。
  102. ^ Analysis: Why Apple picked Intel over AMD” (英語). Macworld. 2021年6月22日閲覧。
  103. ^ Apple’s most significant products of the decade” (英語). Macworld. 2021年6月22日閲覧。
  104. ^ Apple launch event coverage — updated live” (英語). Macworld. 2021年6月22日閲覧。
  105. ^ Hackers get Windows XP to run on a Mac” (英語). NBC News. 2021年6月22日閲覧。
  106. ^ Boot Camp - Official Apple Support”. support.apple.com. 2021年6月22日閲覧。
  107. ^ Mac OS X Core Bootcamp coming Oct. 13-17” (英語). Macworld. 2021年6月22日閲覧。
  108. ^ The story behind Apple's environmental footprint.”. Apple. 2011年1月24日閲覧。
  109. ^ Camen, Kroc. “Apple Updates Mac Mini. Aluminium, HDMI, SD card slot”. OSNews. 2012年5月13日閲覧。
  110. ^ New MacBook Family Redefines Notebook Design”. Apple (2008年10月14日). 2010年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  111. ^ Lam, Brian (2009年10月20日). “Apple iMac Hands On”. Gizmodo. 2010年8月18日閲覧。
  112. ^ “Design According to Ive” (英語). WIRED. (2009年11月7日). ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2003/06/design-according-to-ive/ 2021年6月22日閲覧。 
  113. ^ Watch Jonathan Ive's Segment in Objectified” (英語). Gizmodo. 2021年6月22日閲覧。
  114. ^ Apple Updates MacBook Pro Family with New Models & Innovative Built-in Battery for Up to 40% Longer Battery Life”. Apple (2009年6月8日). 2010年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  115. ^ Advanced Multitouch Trackpad 'Unique to MacBook Air'” (英語). MacRumors. 2021年6月30日閲覧。
  116. ^ Thunderbolt™ Technology: The Fastest Data Connection to Your PC Just Arrived” (英語). Intel Newsroom. 2021年6月22日閲覧。
  117. ^ Mac@IBM Keynote Highlights | JNUC 2015 - YouTube
  118. ^ Mac@IBM, Zero to 30,000 in 6 Months | JAMF Software” (英語). www.jamf.com. 2021年6月27日閲覧。
  119. ^ IBM News Room” (英語). IBM News Room. 2021年6月27日閲覧。
  120. ^ IBM、5万台のMac自社導入/運用経験に基づく企業支援サービス
  121. ^ IBM Managed Mobility Services for Mac - IBM グローバル・テクノロジー・サービス
  122. ^ iMac Proは電源オフでも「Hey Siri」で起動? A10チップ搭載がBridgeOS解析から発覚、セキュリティ用途の可能性も - Engadget 日本版”. Engadget JP. 2022年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。
  123. ^ ASCII. “アップル新型「iMac」に期待すること (3/5)” (日本語). ASCII.jp. 2021年4月18日閲覧。
  124. ^ Kastrenakes, Jacob (2016年11月14日). “MacBook Pro with Touch Bar review: a touch of the future” (英語). The Verge. 2021年6月22日閲覧。
  125. ^ MacBook Pro review (2016): A step forward and a step back” (英語). Engadget. 2021年6月22日閲覧。
  126. ^ Bentley, Joanna Stern,Elliot. “Appl Still Hasn’t Fixd Its MacBook Kyboad Problm” (英語). WSJ. 2021年6月22日閲覧。
  127. ^ Daring Fireball: The Mac Pro Lives”. daringfireball.net. 2021年6月22日閲覧。
  128. ^ これまでで最もパワフルなMacとなるiMac Proが12月に登場” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月22日閲覧。
  129. ^ Apple will stop selling the iMac Pro” (英語). Engadget. 2021年6月22日閲覧。
  130. ^ Bentley, Joanna Stern,Elliot. “Appl Still Hasn’t Fixd Its MacBook Kyboad Problm” (英語). WSJ. 2021年6月22日閲覧。
  131. ^ 新型MacBook Pro 16インチが登場、クリエイターはMac回帰となるか--Appleニュース一気読み” (日本語). CNET Japan (2019年11月23日). 2021年6月22日閲覧。
  132. ^ うわさの16インチ「MacBook Pro」、Touch IDがTouch Barから分離との情報” (日本語). CNET Japan (2019年10月31日). 2021年6月22日閲覧。
  133. ^ Apple、革新的な新しい Mac Pro と Pro Display XDR を発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月22日閲覧。
  134. ^ Mac Pro: All-New Design, Starting at $5,999” (英語). MacRumors. 2021年6月22日閲覧。
  135. ^ Mac Pro 2019 Teardown” (英語). iFixit (2019年12月17日). 2021年6月22日閲覧。
  136. ^ Has the Mac Pro Lived Up to Its Promise of Modularity?” (英語). Digital Trends (2021年4月9日). 2021年6月22日閲覧。
  137. ^ Chips are down: Apple to stop using Intel processors in Macs, reports say” (英語). the Guardian (2018年4月3日). 2021年3月26日閲覧。
  138. ^ “Apple is moving on from Intel because Intel isn't moving anywhere”. The Verge. https://www.theverge.com/2018/4/3/17191986/apple-intel-cpu-processor-design-competition 2018年11月7日閲覧。 
  139. ^ Apple、MacにAppleシリコンを搭載することを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). 2021年4月18日閲覧。
  140. ^ Warren, Tom (2020年6月22日). “Apple is switching Macs to its own processors starting later this year” (英語). The Verge. 2021年6月22日閲覧。
  141. ^ Mayo, Benjamin (2020年6月22日). “Apple announces Mac architecture transition from Intel to its own ARM chips, offers emulation path” (英語). 9to5Mac. 2021年6月22日閲覧。
  142. ^ DTK agreements”. Apple Developer. Apple. 2021年6月16日閲覧。
  143. ^ Universal App Quick Start Program - Apple Developer”. Apple Developer. Apple. 2021年6月22日閲覧。
  144. ^ Business, Rishi Iyengar, CNN. “Apple details new MacBook Air, MacBook Pro and Mac Mini -- all powered by in-house silicon chips”. CNN. 2021年6月22日閲覧。
  145. ^ 次世代のMacを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月22日閲覧。
  146. ^ Patel, Nilay (2020年11月17日). “Apple MacBook Pro with M1 review: flexing Arm” (英語). The Verge. 2021年6月22日閲覧。
  147. ^ April 2021, Mark Spoonauer 30. “MacBook Pro with M1 review” (英語). Tom's Guide. 2021年6月22日閲覧。
  148. ^ Eriksson, Viktor. “Apple M1 runs Windows on ARM faster than Surface Pro X”. Macworld UK. 2021年6月22日閲覧。
  149. ^ あざやかなカラーでデザインを一新したiMacが、M1チップと4.5K Retinaディスプレイを搭載して登場” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月22日閲覧。
  150. ^ 有, 伊藤 (2021年5月19日). “M1搭載iMac最速レビュー:テレワーク向きZoom性能、M1の「速さ」を検証する” (日本語). ビジネスインサイダー. Mediagene. 2021年6月22日閲覧。
  151. ^ Mac Studio” (日本語). Apple(日本). 2022年3月8日閲覧。
  152. ^ Apple、まったく新しいMac StudioとStudio Displayを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). 2022年3月8日閲覧。
  153. ^ Mac Studio” (日本語). Apple(日本). 2022年3月8日閲覧。
  154. ^ Appleのイベント - 2022年3月” (日本語). Apple(日本). 2022年3月8日閲覧。
  155. ^ engadget (2020年6月25日). “Arm版Mac、Boot Campはどうなる? MSが「Arm版Win 10は(現時点では)提供できない」と回答”. engadget. オリジナルの2022年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220314061106/https://japanese.engadget.com/armmac-bootcamp-080048762.html 2020年12月25日閲覧。 
  156. ^ engadget (2020年11月21日). “「M1搭載MacでArm版Windows 10は動作可能。すべてマイクロソフト次第」アップル幹部が語る”. engadget. オリジナルの2022年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220220160545/https://japanese.engadget.com/apple-m1mac-armwindows-042506778.html 2020年12月25日閲覧。 
  157. ^ Un troisième sous-traitant ?” (フランス語). MacGeneration. 2021年6月23日閲覧。
  158. ^ Apple Switch” (英語). PCMAG. 2021年6月23日閲覧。
  159. ^ New Mac minis add Thunderbolt, lose optical drive” (英語). Macworld. 2021年6月23日閲覧。
  160. ^ 8 ways the iMac changed computing” (英語). Macworld. 2021年6月23日閲覧。
  161. ^ Apple Introduces the New iMac G5”. Apple (2005年10月12日). 2006年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月12日閲覧。
  162. ^ Farewell Front Row” (英語). Macworld. 2021年6月23日閲覧。
  163. ^ The Macintosh Mouse”. スタンフォード大学. 2021年6月27日閲覧。
  164. ^ Dormehl, Luke (2014年3月9日). “Steve Jobs Hated The Idea Of A Multi-Button Mouse, Designer Claims” (英語). Cult of Mac. 2021年6月27日閲覧。
  165. ^ アップル初のマルチボタンマウス――Mighty Mouseをいじってみた” (日本語). ITmedia PC USER. 2021年6月27日閲覧。
  166. ^ “Eek! A Two-Button Mac Mouse?” (英語). Wired. ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2000/10/eek-a-two-button-mac-mouse/ 2021年6月27日閲覧。 
  167. ^ “Eek! A Two-Button Mac Mouse?” (英語). WIRED. (2000年10月30日). ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2000/10/eek-a-two-button-mac-mouse/ 2021年6月23日閲覧。 
  168. ^ Apple、世界初のマルチタッチマウス、Magic Mouseを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月23日閲覧。
  169. ^ Apple、iMacラインをアップデートマルチタッチ方式のMagic Trackpadも新登場” (日本語). Apple Newsroom (日本). Apple Japan. 2021年6月23日閲覧。
  170. ^ Inc, InfoWorld Media Group(英語) 『Apple finally gets Unix right with A/UX 3.0』InfoWorld Media Group, Inc.、1992年8月10日https://books.google.com/books?id=ElEEAAAAMBAJ&pg=PA68 
  171. ^ MkLinux: Linux for the Power Macintosh”. Apple. 1999年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月25日閲覧。
  172. ^ “This OS Almost Made Apple an Entirely Different Company” (英語). Wired. ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2015/05/os-almost-made-apple-entirely-different-company/ 2021年6月25日閲覧。 
  173. ^ 三浦 一則、1998年7月1日、『MacBSD X Window System & 日本語環境活用ガイド』、株式会社広文社 ISBN 4-905999-80-4
  174. ^ Lucas, Paul (2005年6月4日). “Paul J. Lucas's Mac Mini running Linux”. 2010年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  175. ^ Hoover, Lisa (2008年4月11日). “Virtualization Makes Running Linux a Snap”. 2008年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。
  176. ^ 「OS X」終わる Apple、次期macOS「macOS Big Sur」を発表” (日本語). ITmedia NEWS. 2021年6月25日閲覧。
  177. ^ Linzmayer, Owen W. 『Apple confidential 2.0 : the definitive history of the world's most colorful company』、Owen W. Linzmayer([Rev. 2nd ed.]版)No Starch Press、San Francisco, Calif.、2004年、113頁。ISBN 1-59327-010-0OCLC 52821221https://www.worldcat.org/oclc/52821221 
  178. ^ Think Different: The Ad Campaign that Restored Apple’s Reputation” (英語). Low End Mac (2013年8月11日). 2021年7月4日閲覧。
  179. ^ The Mothership Apple Advertising and Brochure Gallery Index”. www.macmothership.com. 2021年7月4日閲覧。
  180. ^ GUIdebook > ... > Windows > Windows 95 Apple ad”. guidebookgallery.org. 2021年7月4日閲覧。
  181. ^ Apple Makes a Pitch to Switch”. PCWorld. 2011年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  182. ^ Apple Makes a Pitch to Switch”. PCWorld (2002年9月6日). 2012年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月4日閲覧。
  183. ^ NuddApril 13, Tim. “Apple's 'Get a Mac,' the Complete Campaign” (英語). 2021年7月4日閲覧。
  184. ^ Leonard, Devin (2009年8月29日). “Hey, PC, Who Taught You to Fight Back?” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2009/08/30/business/media/30ad.html 2021年7月4日閲覧。 
  185. ^ Apple : un Special Event le 14” (フランス語). MacGeneration. 2021年7月4日閲覧。
  186. ^ Personal Computer References in Pop Culture”. pctimeline.info. 2011年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集