メインメニューを開く

劉 仁軌(りゅう じんき、ピンイン:Liú Rénguĭ、602年 - 685年3月2日)は、中国代の武将である。は正則。楽城文献公。汴州尉氏県の人。

目次

略歴編集

仁寿2年(602年)に生まれる。若い頃は貧しく、学問好きであったという。唐の建国後、武徳年間に息州参軍となり、のち陳倉尉に転ずる。折衝都尉の魯寧なる者が横暴であったため、これを鞭打って殺害した。太宗に詰問されると、「臣(私)が辱められたために殺しました」と臆せずに答えたことから、かえって太宗に気に入られ、咸陽の丞に任ぜられた。給事中にまで昇るが、ために権臣の李義府に憎まれるようになり、青州刺史に左遷される。

さらに顕慶5年(660年)の遼東征伐において漕運に失敗した罪を着せられ、59歳にして一兵卒に落とされた。この年、蘇定方率いる唐軍が百済の都泗沘城を攻め、配下の劉仁願[1]義慈王を捕らえる功績を挙げ、百済を滅亡させる。しかし、翌龍朔元(661年)百済の遺臣鬼室福信らが泗沘城の奪還を試み、守将の劉仁願を包囲した。この際、劉仁軌は自ら志願して検校帯方州刺史を拝して援軍に赴く。

龍朔3年(663年)9月、百済残党を支援する日本)の水軍を白村江で迎撃し、400余隻の軍船を焼き払って大勝する(白村江の戦い)。さらに百済故地の諸城を平定し、屯田を営み庶民を安心させたという。麟徳2年(665年高宗泰山封禅を行った際には、新羅・百済・耽羅・倭4国の首領を率いて参加し、大司憲を拝し、右相兼検校太子左中護に進み、楽城県男に封ぜられた。

総章元年(668年)には熊津道安撫大使兼浿江道総管となり、李勣に従って高句麗を平定。金紫光禄大夫を拝し、太子左庶子同中書門下三品に進んだ。咸亨5年(674年上元元年)には鶏林道大総管に任ぜられ、新羅の文武王を討って(唐・新羅戦争)大勝し、翌年には左僕射となって朝政に参画した。嗣聖2年1月22日(685年3月2日)文昌左相同鳳閣鸞台三品として在職中に没した。享年84。死後、開府儀同三司并州大都督を贈られ、高宗の陵墓である乾陵に陪葬された。

子に劉滔、劉濬があった。

脚注編集

  1. ^ 名前は劉仁軌と似ているが、血縁関係はない。

伝記史料編集

参考文献編集

  • 『東洋歴史大辞典 下巻』(1941年、縮刷復刻版、臨川書店ISBN 4653014728)1018ページ「劉仁軌」(執筆:清水文行)
  • 『アジア歴史事典 9』(平凡社1984年)275ページ「劉仁軌」(執筆:古賀登)

関連項目編集